虫送り (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.69
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 46
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043407040

作品紹介・あらすじ

北海道、井戸無村。そこでは生物農薬として使っていたてんとう虫が異常繁殖を始め、川魚を集団で襲うという怪現象が起きていた。そしてこの現象に疑問を持った人間が次々と怪死を遂げる。一方札幌では、虫の死骸とともに木箱に入った女性の白骨が発見された。村に研究のために滞在していた文化人類学者の日下部が見た悲劇とは…。虫に憑かれた男の狂気が生み出す戦慄のバイオ・ホラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日下部、水野コンビ。
    テントウムシ、アリなどの虫が異常繁殖する。気持ち悪い話。
    事件解決は、ホラーならではの結末。

  • 20100901

  • グロです。映像化希望

  • 水野&日下部シリーズ

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。日本女子大学大学院修了。「料理人季蔵捕物控」「口中医桂助事件帖」「鶴亀屋繁盛記」「余々姫夢見帖」「お医者同心中原龍之介」「鬼の大江戸ふしぎ帖」「はぐれ名医」シリーズなどの時代小説を精力的に執筆するとともに、現代ミステリー「青子の宝石事件簿」シリーズ、『わらしべ悪党』も刊行。

「2021年 『花人始末 出会いはすみれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×