鳥追い (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.62
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043407057

作品紹介・あらすじ

食い破られた喉、貪られた臓器、啜られた脳。女子高生の児島虹香はラブホテルで無残な死体となって発見された。しかも死体に残された体液は、未知の生物の物だった。『多重人格殺人』以来の文化人類学者・日下部遼と女性刑事・水野薫の名コンビが、この猟奇殺人の謎に迫る。類似事件が佐渡で起きたことをつきとめた二人。だが、そんな二人を嘲笑するように新たな連続殺人事件が起こる。死を呼ぶ「お鳥様」の伝説が今、蘇る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 被害者の遺体の様子がグロいのでハラハラして読んでいたが、まさかの変身モノでちょっとそれはずるいんじゃないかなーと。。

    烏の知能の高さ、残忍さを使いたかったようですが最終的に始祖鳥とか出てきてブレブレです。。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。日本女子大学大学院修了。「料理人季蔵捕物控」「口中医桂助事件帖」「鶴亀屋繁盛記」「余々姫夢見帖」「お医者同心中原龍之介」「鬼の大江戸ふしぎ帖」「はぐれ名医」シリーズなどの時代小説を精力的に執筆するとともに、現代ミステリー「青子の宝石事件簿」シリーズ、『わらしべ悪党』も刊行。

「2021年 『花人始末 出会いはすみれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田はつ子の作品

ツイートする
×