B面の夏 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043408016

作品紹介・あらすじ

出逢いの瞬間、別れの時、秘密の恋、至福の愛-こぼれそうな想いのすべてを十七文字に託し、揺れうごく恋心を瑞々しい感性と素直なことばで表現したまったく新しい句集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オシャレな現代的な俳句集。恋愛を詠んだ句が多くサラダ記念日を思い起こさせる。

  • (2003.05.23読了)(2003.04.20購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    出逢いの瞬間、別れの時、秘密の恋、至福の愛―こぼれそうな想いのすべてを十七文字に託し、揺れうごく恋心を瑞々しい感性と素直なことばで表現したまったく新しい句集。

    ☆関連図書(既読)
    「聖夜の朝」黛まどか著、講談社文庫、1998.11.15

  • 作者が20代後半の頃の句集。
    「B面の夏」夏の光の輝きに陰りを感じるタイトルです。
    B面のような恋をしたときの句が集められています。
    道ならぬ恋、必ず終りが来るとはじから覚悟した恋です。

    たとえば、

      水着選ぶいつしか彼の眼となつて

    自分か気に入る水着を選んでいたつもりが、
    いつのまにか、彼に気に入ってもらえる水着姿かどうかを問う選択をしていたんですね。
    そんな恋にも、ついに終りがきます。

      別れ来て夕焼けに置くイヤリング

    いままでなら夜まで彼と一緒だったのでしょう。
    夕刻に部屋にもどり、イヤリングを外す寂しさが浮かびあがります。

    俳句というと年寄り臭さを感じるかもしれません。
    ここにあるのは、若い女性の恋に揺れる心を封じこめた17文字です。

    1ページに1句、17文字。
    ありあまる余白に、読み手は思いを巡らせる楽しみがあります。

  • B面の夏に流れる四季の風

    読み始めは、なんとも読んでいるこっちが恥ずかしくなってしまうような若気のような詩が続く。
    パラパラと詠み進むうちに、恋色が強く出てくる。
    そして、冬景色。ここに来て、今更ながら四季の風景が時の流れのように詩と詩の余白をつないでいることに気付くと、頭の中に一気に風景が広がった。

    そして後書きをよんで、これが著者の経験と時間を折り重ねた産物だと知った。

    30過ぎた男が詠むには、あまりにもこそばゆく、斜に構えて詠んでしまうが、そこに詠われている言葉には、若々しい言霊が潜んでいる。

  • 等身大の恋をみずみずしく描いた句集.17文字がとても身近に感じられる本.

全4件中 1 - 4件を表示

B面の夏 (角川文庫)のその他の作品

B面の夏 単行本 B面の夏 黛まどか
B面の夏 (角川文庫) Kindle版 B面の夏 (角川文庫) 黛まどか

黛まどかの作品

ツイートする