偶然の祝福 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.37
  • (104)
  • (217)
  • (553)
  • (66)
  • (6)
本棚登録 : 2038
レビュー : 278
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043410057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文体と質感は素晴らしい。けれど、読破しても「で?」となったまま、なんとも言えないもやもやだけが残る結果に。細切れが連作になっていない感じが、苦手。

  • 『博士の愛した数式』が面白かったので、他の作品も読んでみたいと思い買ってみたのですが…

    何とも言えない奇妙な話ばかりですね。

    私には合いませんでした。

  • 苦しい

  • 「キリコさんの失敗」がおもしろかった♪

  • 消えてなくなる感覚。砂糖が紅茶に溶けていく感じ。見えなくなるけど、そこにある。

  • ひさびさの純文学…時系列がわかりづらかった

  • 小説家の「私」を主人公とした連作短編集。
    ホラーとファンタジーのあいだで揺らぐ不思議な物語ばかりである。

    『盗作』は『まぶた』に収録された『バックストローク』が作中作のような形で出てくる。
    読んでいるときはその点に気を取られたけど、読み終わるといろいろな受け取り方ができる物語の深みに気づいた。

    冒頭作の『失踪者たちの王国』が好み。
    最近小川さんの文章や世界が本当に好きである。

  • 短編集。話を描く女の子・女性たちの物語。何話かつながってるのもあるっぽい。
    小川さんの作品の中では、私はあまり好きじゃない部類に入るかも。
    ただ、不思議で。すごく絵になるっていうか、イメージが印象に残る。
    黒ずんで冷たくなってしまった動かない腕をもった男の人。
    水の袋
    本の袋を取り付けた男。
    好きじゃないっていうのも、イメージが湧きすぎて、いやなシーンがあるせいかも。綺麗じゃないって言うか、何て言うか。いや、表現できれいな気がしてくる。でも…うーむ
    「キリコさんの失敗」の話は、リコーダーのとことか好きだな。
    失踪者たちの王国の雰囲気っていうか、失踪していくその空気感?は好きかも。
    何て表現すればいいのか、よく分からなくなってきた。いつかリベンジ

  • 不思議な世界観。「涙腺水晶結石症」では愛犬アポロの病気に付いて書かれている。とても温かく感じた一作。「キリコさんの失敗」が秀逸。

  • 自伝?

    という疑問が常に頭を過りつつ読んでました。
    小説とはなんだか思えなかった。
    けど裏表紙には連作短編小説って書いてあるのね。


    大好きなこの人の文章のリズムにゆらゆら浸ってました。
    ちょっと普通じゃないかんじ
    だけど全部あるべきところにあるかんじ
    丁寧に、ワンシーンずつ切り取っていくかんじ

    あぁもう大好き。

全278件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

偶然の祝福 (角川文庫)のその他の作品

偶然の祝福 (角川文庫) Kindle版 偶然の祝福 (角川文庫) 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする