不安の世紀から (角川文庫)

著者 : 辺見庸
  • 角川書店 (1998年2月発売)
3.32
  • (2)
  • (5)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043417025

不安の世紀から (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「もの食う人びと」を書いた人として知られている(少なくとも私の中で)辺見さん。

    興味のある事件の一つであるオウムサリン事件が
    メインに語られていると知って読んでみました。

    プロテアニズムと原理主義の関係が大きくこの
    事件に結びつくだろうというリフトンさんのお話が
    とっても興味深かったです。

    あとメディアに対する見解も深まりました。

    何とか時間をとってもう一回読んで頭に入れておきたいなー

  • この本を読んだら『ゴドーを待ちながら』を観たくなるハズ。

全2件中 1 - 2件を表示

不安の世紀から (角川文庫)のその他の作品

不安の世紀から 単行本 不安の世紀から 辺見庸

辺見庸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
トルーマン カポ...
有効な右矢印 無効な右矢印

不安の世紀から (角川文庫)に関連するまとめ

不安の世紀から (角川文庫)はこんな本です

ツイートする