不安の世紀から (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.32
  • (2)
  • (5)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043417025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「もの食う人びと」を書いた人として知られている(少なくとも私の中で)辺見さん。

    興味のある事件の一つであるオウムサリン事件が
    メインに語られていると知って読んでみました。

    プロテアニズムと原理主義の関係が大きくこの
    事件に結びつくだろうというリフトンさんのお話が
    とっても興味深かったです。

    あとメディアに対する見解も深まりました。

    何とか時間をとってもう一回読んで頭に入れておきたいなー

  • この本を読んだら『ゴドーを待ちながら』を観たくなるハズ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て96年、退社。この間、78年、中国報道で日本新聞協会賞、91年、『自動起床装置』で芥川賞、94年、『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞受賞

「2017年 『沖縄と国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

不安の世紀から (角川文庫)のその他の作品

不安の世紀から 単行本 不安の世紀から 辺見庸

辺見庸の作品

ツイートする