新・屈せざる者たち (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043417056

作品紹介・あらすじ

学者、作家、プロレスラー、評論家、歌手、医師、ボランティア・リーダー、TVリポーター、弁護士、出版社代表ら十五人。敢然とわが道をいく屈せざる者たちと作家辺見庸がそれぞれの分野のいまとそこに生きる意味を存分に語り合う。ときに怒り、ときに訥々と発する言葉の奥に世紀末日本の不気味な世情と向き合う話者の真意がみえてくる、深いおもむきの対話集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。いろんな人たちとの対話集。頻繁に出てくるマスコミ批判がタメになる。

  • 辺見さんの考え方は奥が深い。

    長い記者生活で感じたものが下積みとなっています。

    少々、昔の本ですが読み応えはあります。

    辺見さんと15人の著名人との対談形式です。

    質問力にも注目して読むとさらに奥が深い。

    知識、経験があってこその本です。

    明日の講演会が待ち遠しい。

  • 辺見庸の対談集の続編。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て96年、退社。この間、78年、中国報道で日本新聞協会賞、91年、『自動起床装置』で芥川賞、94年、『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞受賞

「2017年 『沖縄と国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新・屈せざる者たち (角川文庫)のその他の作品

新・屈せざる者たち 単行本 新・屈せざる者たち 辺見庸

辺見庸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする