眼の探索 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (4)
  • (4)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043417063

作品紹介・あらすじ

闇なのに、なぜ明るいのか。病んでいるのに、なぜ笑いさんざめくのか。危機へと向かっているのに、なぜ喜びいさむのか…。この国のあやかしの景色にひそむ病理を、たぐい稀な視力と根源の言葉で解析し、今日的閉塞のわけを突きとめてみせた、いま最も美しく挑発的な一冊。朝日新聞連載時から、ラディカルさゆえに大きな議論を巻きおこし、読者の圧倒的支持と共感をかちえた本編作品群に加え、文庫のために書き下ろした瞠目の問題作「虹を見てから」を併録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝日新聞に連載されたコラムの集成。この人の言葉の重さを甘く見ると、心の胃がもたれる。するどく突き、するどく抉り、そして心臓をグシャリと掴まれる。お前が見ている景色はお前の眼が確かにとらえている光景か?それはメディアの嵌めたレンズ、義眼ではないか?そう問いかけられているような、重厚だが短くまとめられた短文連作。

  • 一度こういう人の本を読んだらよいぞってどこかのこれまた本に書いてあったので辿りついた。「自動起床装置(芥賞)」は以前に読んだけどけっこう遠い記憶。辺見庸さんはすごい。観察力、洞察力というの?ハンパではないんだ。身体中にビリビリきて脳みそがシャカシャカ騒ぎ出す。内容もけっこう過激なので読み終わったはどこかに行きたくなる。なんでだろう。でも、ちょっと独りになりたくなる。

  • 単一の視点から物事を捉えがちの昨今に一石を投じているのが本著。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て96年、退社。この間、78年、中国報道で日本新聞協会賞、91年、『自動起床装置』で芥川賞、94年、『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞受賞

「2017年 『沖縄と国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

眼の探索 (角川文庫)のその他の作品

眼の探索 単行本 眼の探索 辺見庸

辺見庸の作品

ツイートする