単独発言―私はブッシュの敵である (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (3)
  • (3)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043417087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかくエネルギーに溢れた本。著者は問題意識の塊のような人だと思った。
    読んだ人から内容を聞いて情報を得るのと、実際に読むのと変わらない本は沢山あるが、この本は違う。自分の目で一行一行文を追っていくことで、とてつもないエネルギーを感じられる。

  • 「言説の質の低下」とあるが、そもそも日本に優れた言説があり、広く社会に流布し、世論を動かしたことがどれだけあったのだろうか。
    「最近の若者はなっとらん」ではないが、昔から言われていることなんだと、本書の主題とはずれるだろうがふと感じた。
    自分自身の保身等を考えず、鋭く批判する姿勢は自分も貫きたい。
    出版された当時に読んでみたかった。

  • レフティなノリなので、ネットや通信界隈に慣れた頭にはしびれる。ただ辺見さんの熱量は、今のメディアにないところだと思う。戦争とメディアの話、仮に当事者になった場合に戦えるのか? 自問自答、戦えるケンカ屋さんでありたい。

  • 言葉ってほんとに便利なんだ。言い方。工夫。それで幾らだってケムリに巻けちゃう。サラ金は消費者金融だよ。理不尽な大量解雇はリストラだよ。失業対策では具合が悪いから公的雇用だよ。著名なジャーナリストは口を揃えてこういうね。状況の危機は、言語の堕落からはじまるって。現状の暗部を美名でコーティング。包んでくるんで中身をうまーくね。中身は何を隠そう、「明るい闇」ってことで。みたいに。著者はいつも内省している。ここが深い。意見はいろいろだけど。そこだけは見逃したらいかんと。

  • ブッシュに票を投じた人に一度読んでもらいたい本。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て96年、退社。この間、78年、中国報道で日本新聞協会賞、91年、『自動起床装置』で芥川賞、94年、『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞受賞

「2017年 『沖縄と国家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辺見庸の作品

ツイートする