いまここに在ることの恥 (角川文庫)

著者 : 辺見庸
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年4月25日発売)
3.68
  • (5)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043417117

いまここに在ることの恥 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブログに感想書きました。
    「恥を感じ入り襟を正す」
    http://zazamusi.blog103.fc2.com/blog-entry-1259.html

  • 初読。読む前にはタイトルの意味がよくわからなかったが、読んでみると、内容はタイトルそのものズバリだ。病を経たからこその激烈さの源に恥があり、その恥を自覚しつづけることで戦い続けていく。毎回同じような感想を書いているが、辺見さんが自分自身に突きつける刀の鋭さには敬服する。

  • 印象に残っている部分

    「「今きみが語っているその語りかた、それが倫理だ」とジョルジュ・アガンベンは表現しています。なにげない語り口に、罪ならぬ罪も、恥ならぬ恥も、そこはかとなく滲むものです。私はいま、それをつよく意識せざるをえない。他者にも自己にも」(p100)

    「もし憲法を語るなら、憲法に保障された表現の自由を語るなら、あるいは思想および良心の自由を語るなら、なにものか聖なるものにまつらうのではなく、意識的に瀆神しなければならない。われわれの内面にある「開かずの間」をこじ開ける必要がある」(p140)

    2006年、たしか安倍晋三が一回目の首相をしていた(そして情けなくも退陣した)時期の本であるが、今も、というか今こそアクチュアルな内容である気もする。

  • 世界各国を取材してきた著者ががんと脳出血を患いながら、
    深い自省をするとともに、社会を痛烈に批判する内容。

    通信社の国際部記者と言う立場で、各国の凄惨な情況を取材し、
    自分は空調のきいた小奇麗なホテルの一室から日本へ打電する。

    彼が様々な国で視て打電してきた「死」の際に、
    著者自身がまさにいま立つことによって、表題となっている「恥」について、
    深い洞察をもって自省できるに至ったのだと思う。

    強い人だなぁと思うのは、
    死の際で、自分の過去の加虐性、罪悪についてあそこまで自責しながら、
    決して怯むことなく、政治を、歴史を、社会を、思想を、市井を、
    徹底的に、建設的に、そして苛酷なまでに辛辣に批判し続ける。

    衝迫にかられた「書く」という行為の珠玉の作品。

  • 僕らはモノを知らない。知らされない世界で生きている。そしてそのこた自体に気づくことなく漫然と日々を過ごしている。
    でも、外の世界では様々なことが起きていて、血が流れ、心は壊され、そんな中で食料や水の代わりに尊厳や矜恃をもって底辺で生きている人がいる。
    僕らが感じなければいけないのは、平和に対する感謝や、今日が無事に終わったことの安堵や、出世や金ややりがいなんかじゃなく、知らなくちゃいけないことを知ろうともしないままいる今に対する「恥」なんじゃないかな。

  • 歴史の中、あるいは世界のどこかにある苦しみ、生々しい現実が、
    私たちの実存につながっている。
    にもかかわらず、それを傍観する、いや傍観しようとさえしないのが私たちだ。これは恥辱である。
    日本のファシズム、日本人の内側にあるファシズムによって私たちは日常の至る所にある恥辱を忘れている。
    私たちは、嘲笑されようと、愚直に必死に実存をかけて考えて行くべきなのだ、と。

    稚拙な語彙では到底表現しえない程の重みでした。涙が出ました。
    「恥辱」か。
    言葉から考えて、考えから行動につなげないといけない。

    この本で一番考えたのは、「つたえること」が果たして、今の日本を、世界を、社会を変えるのか。
    記者でいた辺見庸は途方もないほどの無力感と恥辱を感じたんじゃないか。

    ううん・・。もっと辺見作品を読もうと思いました。
    この本も、まだまだ読み切れていないので、まだ必ず読みます。

  • 再読する

  • 辺見庸さんには頑張って欲しい。

全8件中 1 - 8件を表示

いまここに在ることの恥 (角川文庫)のその他の作品

辺見庸の作品

いまここに在ることの恥 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする