僕の哀しい失敗 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043423019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 林望の青春、大学生時代を中心とした短編連作10編による、淡く、切なく、はかない、不器用な恋愛の物語。

    この小説は、約15年前(文庫初版が出版された頃だと思う)に読んだのだけども、久々に読んでみて、どの年代にも共通するであろう切なさを感じるし、それに加えた郷愁のようなものも感じることができた。

    青春時代に一度読んでいてよかったと思えた。

    自身の青春物語が、このように引き出されるのは素晴らしいと思う。
    失敗の数々、哀しさの数々・・・

    読んでいて、僕自身の青春時代も、ふと思い起こされたりもする。

    そういえば、この小説を読んで、万葉の恋歌に興味を持ったことを思い出した。

    自分自身の「あの頃」に、また触れたいと思う人は、ぜひ読んでみてもらいたい。

    そして、現在進行している恋心があれば、それもまた良しと思える。

  • ホンダN360が登場する時代背景。
    若かりし大学生の頃、誰にでもあるような失敗、ちょっと哀しくて胸がキュンとするような思い出を綴ったような十篇の短編。

  • リンボウ先生の大学時代のはな

  • 古き良き時代の、移り気で女ったらしでそのくせ小心者な慶応ボーイの甘く切なくちょっぴり苦い青春グラフィ…なのかなぁ。リンボウ先生の若かりし日を綴った自伝的小説です。

    てか自慢。

  • おかしくて泣けます。フツウの人のフツウの青春時代。連作小説集。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

林望(Nozomu Hayashi)
1949年生まれ。作家・国文学者。
『イギリスはおいしい』で日本エッセイクラブ賞受賞、
『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞等受賞。
『私の好きな日本』『どこへも行かない旅』などの旅の本のほか、
古典論、エッセイ、小説、詩、能楽、料理等の著作多数。
『謹訳源氏物語』(全十巻)で毎日出版文化賞特別賞受賞。

「2018年 『旅ゆけば味わい深し』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕の哀しい失敗 (角川文庫)のその他の作品

僕の哀しい失敗 単行本 僕の哀しい失敗 林望

林望の作品

ツイートする