覆面作家は二人いる (角川文庫)

著者 :
制作 : 高野 文子 
  • 角川書店
3.45
  • (101)
  • (197)
  • (414)
  • (39)
  • (8)
本棚登録 : 1542
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043432011

作品紹介・あらすじ

姓は「覆面」、名は「作家」-本名・新妻千秋。天国的な美貌を持つ弱冠19歳の新人がミステリ界にデビューした。しかも、その正体は大富豪の御令嬢…ところが千秋さんには誰もが驚く、もう一つの顔があったのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本作は3つの短編が収録されているんだけど
    どれもが岡部良介が持ち込む身の回りの事件を、
    千秋がササっと解決してしまうという話なんだけど
    この千秋のキャラがなんとも可愛らしいのですよ。
    初っ端から殺人事件に首を突っ込んでしまうけれど
    生々しいものではなく、結末が優しいのですよ。
    これは読みやすい上に、キャラも気に入った(o^o^o)
    日常のミステリで、小難しいこともかかれてないので
    まさに通勤読書向きです。続きを読みます

  • 昔、読んだような記憶もあるような。でもなかなか面白かった。二重人格⁇みたいな新人作家が、安楽椅子探偵ばりに謎を解決!ミステリとしてはちょっと物足りない気がするけど、キャラが確立されてて良い☆好きな作家さんになりそうです☆ちなみに、わたしの脳内再生は志田未来ちゃんでした。それからちょっとおマヌケキャラの編集者には岡田将生くんで。双子じゃないけどねf^_^; 続編も買ってあるので読みます☆

  • 日常のミステリといった雰囲気で、重苦しいストーリーもなく軽やかに読了出来ます。
    天使のような美貌でお嬢様、だけど正義感を持つ千秋さんと良介さんのコンビも絶妙なかわいらしさでほっこりとした気持ちになります。

  • 北村氏初読みでしたが、勝手に持ってたイメージとは全く違っていました^^;
    漫画チックな激軽ユーモアミステリ(?)だけど、不思議と嫌いじゃない不思議。
    忙しい時にもサラリと読めそうだし、いずれ続きも読んでしまいそう。

  • 一人称の存在しない一人称視点小説って普通に驚異的だよなあ…
    お嬢様がなんでも持ってる人だけど嫌味なところが少しもないのがすごい。

  • 2019/04/28

  • ホームズにはワトソン、栞子には大輔、美星バリスタに青野大和。ミステリーにはこういったペアが多いのだなあ。
    本作も深窓の令嬢、新妻千秋と編集者の岡部亮介がニコイチで活躍する。おしとやかで引っ込み思案の千秋には新進小説家としての顔に加え名探偵の才能、さらに覆面作家と言われるある秘密が。
    何とも楽しい作品。
    随所に散りばめられたユーモアもあり、軽い調子で読み進むことが出来るが、人間の二面性、あるいは世の中の多面性などを考えさせられる話であるかもしれない。

  • 作家といいながらも作品の内容は全く登場しない安楽椅子探偵小説です。
    個性的で魅力的な登場人物たちに、北村ファンなら間違いなく気にいる作品だと思います。

  • 1998-00-00

  • 野性時代1991年2月号:覆面作家のクリスマス、7月号:眠る覆面作家、12月号:覆面作家は二人いるの3つの連作短編を1991年11月角川書店から刊行。1997年11月角川文庫化。2002年2月中央公論新社でC★NOVELS化。シリーズ1作目。作家で、富豪で、訳ありお嬢様の名探偵と編集者のホームズ/ワトソンコンビが活躍するユーモア本格推理。北村さんだけあって、緻密で、興味深く、面白い。

全173件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

覆面作家は二人いる (角川文庫)のその他の作品

北村薫の作品

覆面作家は二人いる (角川文庫)に関連する談話室の質問

覆面作家は二人いる (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする