覆面作家の夢の家 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.55
  • (87)
  • (147)
  • (286)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1156
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043432035

作品紹介・あらすじ

12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。そこに秘められたメッセージの意味とは!?天国的美貌を持つミステリー界の人気作家「覆面作家」こと新妻千秋さんが、若手編集者、岡部良介とともに、残された言葉の謎に挑む表題作をはじめ、名コンビが難事件を解き明かす全3篇を収録。作家に探偵、おまけに大富豪のご令嬢と、様々な魅力を持つお嬢様探偵、千秋さんの名推理が冴えわたる"覆面作家"シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミカルで気楽に読めたし、ネタの幅が広いなあ。
    少なくとも読了直後の印象は、本作がシリーズ中一番好き。
    完結かー。

    マルちゃんカワイイよね(笑)

  • 第2弾を飛ばして読んでしまったので、お嬢様と岡部さんの関係がやや変化していたり、なにやら交友関係が広まっていることについていけず混乱したものの読了。
    少し浮世離れしたふわふわした世界観が好きだったので、やや重苦しい感情が渦巻く蜂の話は少し肌に合わなかったものの、表題作の「夢の家」のかわいらしくロマンチックな雰囲気はとても読んでいて心地よかったです。

  • “覆面作家”シリーズ第3弾で最終章。
    天国的美貌で大富豪のお嬢様。
    屋敷内と外では性格がガラリと変わっても
    そのキュートさは失われる事はない。
    そして担当編集者の岡部良介も単なる担当から、ちょっと前進?
    いやいや前作の最後にあんなことしちゃってからに
    その後の進展も大いに気になるところ。
    本作も3つの短編が楽しめるのだが、表題作が一番いい!
    最後がいいのよ最後が!やるじゃん!良介!
    そして千秋お嬢様のセリフもまたいい。
    っていうか、そこで気付いた!
    タイトルの意味はそういうことか!
    全ての謎の答えがこれか!
    この結末は美味しすぎます

  • 4

    再読。

  • 第三巻になって急に千秋さんの態度が変わってきたなと思っていたら、最後は呆気なく終わってしまった。
    面白いシリーズだったのに、どうして3冊だけで完結にしてしまったのだろう。残念です。

  • 完結編でした〜さみしい‼なんといっても千秋さんのキャラが好きになってましたので。リョースケとどうなるのか…ってのも気になりました。謎のほうはちょっとわかりにくかったけど、いろいろなキャラが出てきたので良しとしましょう☆蜂のお話の中で、犯人の旦那に腹が立ち、こういうやついるいる!って思いました。うちの旦那もちょっとこいつ系なので考えさせられました…>_<…それにしても中の挿絵も好きでした〜。好きな作家さんになりました。

  • 「覆面作家と謎の写真、 覆面作家目白を呼ぶ、覆面作家の夢の家」の書下ろし3篇を1997年1月に角川書店から刊行、1999年10月角川文庫化。2003年2月中央公論新社C★NOVELS化。シリーズ3作目にして最終巻。3話目は、ハッピーエンドだったものの無理のある謎の設定で、少し残念でした。最終巻というのが、更に残念。

  • 覆面作家シリーズ最終巻。このシリーズ面白かったです。お兄さんも、静さんも、もちろん千秋さんも大好き。最後の和歌の謎はぱぱっと読んだのでちょっと難しかったけど。

  •  シリーズ1作目から読まなかったせいだからかな。
     キャラも設定も別に嫌なところ全然ないのに、読んでても全然話が頭に入って来なかった。
     情景が少しも思い浮かばなかった。
     高野文子さんのイラストが素敵だったくらいかな。

  • 「覆面作家」シリーズの第3弾。
    概ね軽いタッチで書かれており、肩肘張らずに読める1冊です。

    特に表題作は逸品。"事件"のユニークさにぐぐっと魅きつけられました。ラストもお見事と言うほかなし。

    現時点で続編は出ていないようですね。
    これで完結でも良しですが、もうちょっと続きを読んでみたい気も…。

全87件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。大学時代はミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、89年、「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞を受賞。著作に『ニッポン硬貨の謎』(本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)『鷺と雪』(直木三十五賞受賞)などがある。読書家として知られ、評論やエッセイ、アンソロジーなど幅広い分野で活躍を続けている。2016年日本ミステリー文学大賞受賞。

「2021年 『盤上の敵 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北村薫の作品

覆面作家の夢の家 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×