冬のオペラ (角川文庫)

著者 :
制作 : おーなり 由子 
  • KADOKAWA
3.38
  • (43)
  • (98)
  • (232)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 875
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043432059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんともユニークな名探偵の登場です。
    普通の依頼は受けないという名探偵のプライドを守るためにアルバイトで生計をたて、怖く稀に来た依頼は鮮やかに解決するのに報酬はほぼなし。
    歴史的な名探偵の在り方を踏襲すべく、記録者を買って出る若い女性も負けずにユニークです。
    北村氏の魅力である豊富な知識に裏付けられた繊細な表現は健在で、ファンなら楽しめる作品だと思いますが、肝心の事件の結末が物悲しくて少し残念でした。

  • 名探偵 巫(かんなぎ)弓彦。人知を超えた難事件を即解決。
    いったいどんな難事件を扱うのかしらと思いきや、初めの事件がわりと平和というか盗難だったので安心していたら、表題作『冬のオペラ』はガッツリと殺人事件でした。もの哀しい事件でしたが、きっと引導を渡すのが巫で犯人も良かったと思っているはずです。
    そして作者の北村さんはどうして若い女性目線で書くのが上手なのでしょう。とても読み易くて一気に読んでしまいました。

  • 自称名探偵の巫だが、知識も豊富で洞察力にも優れ事件を見事に推理し解き明かしていく。
    好奇心旺盛なあゆみは、名探偵には記録者がつきものだという妙なこじつけで記録者としての立場を手に入れる。
    科学が絡む事件あり、視覚の錯覚を利用した事件あり。
    そして、情状酌量がされればいいと祈りたくなるような哀しい事件あり。
    バラエティに富んだ短篇がそろっていた。
    軽やかで湿り気のない物語ばかりで、読んでいて単純に面白い。
    ちょっとした雑学が入っているところも気に入っている。
    重く暗い物語も好きだけれど、明るく軽やかな物語もやっぱりいい。

  • ちょっと変わったミステリーで楽しめました。登場人物と文章の雰囲気も好きです。読んでいて、のんびり京都旅行に行ってみたくなりました。

  •  遠い唇を読んでから読み返す。たぶんこれは再読じゃなかろうか。
     名探偵の巫の名探偵すぎる生き方と、書き手のヒロインの距離感がすごい。

     そして、物語が描かれなくなったとしても、シリーズが続かなくても、彼らは生きているのだなぁと、遠い唇を読んで思う。作者の中にはどれだけの人が生きているのだろう。

  • 真実が見えてしまう名探偵・巫弓彦と彼の記録者に志願した主人公が出逢った事件を描く中短編集。
    表題作の京の景色とともに進む物語と最後の謎解きの雰囲気、そして名探偵としての容赦のなさが大変良くて好きです。

  • 当初から狙っていた構成なのか
    プロローグがあって伏線があって
    すべてが繋がって本編へ…という
    読み方をしました。

    少し物足りないですけど「名探偵」
    という天職があるという考え方には
    共感しました。

    本編はどうにもやるせない結末でした。

  • 短編2つと中編1つの連作
    自分が「名探偵」だと知っているけれど、事件が起きないとただの人でしかない探偵と、その書記を買って出た不動産屋の事務員が巻き込まれる、小さな事件から大きな事件まで。

  • なんとなーく読みにくかった。
    あゆみが「探偵の記録係」を志望する部分がとても唐突に感じられたのは気のせいか?
    本のタイトルにもなっている「冬のオペラ」は冬のしんしんと冷えた京都の趣が章全体でで表されていて良かった。

  • 巫(かんなぎ)弓彦は名探偵である。そして姫宮あゆみは彼の記録者。この二人がとっても魅力的。短編連作で最初はこの名探偵が本当に名探偵であり、記録者の真っ直ぐな性格などもよく分かるのだが最後の「冬のオペラ」読後は悲しみが残る。

著者プロフィール

1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

「2019年 『覆面作家の夢の家 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冬のオペラ (角川文庫)のその他の作品

北村薫の作品

ツイートする