アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

  • KADOKAWA (1997年11月21日発売)
3.71
  • (103)
  • (66)
  • (190)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 645
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・マンガ (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043434015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青春だなあ。
    切ないなあ。
    あんな、大人にも甘酸っぱい思い出があるんだな。
    みうらじゅんは、だから好きさ。

  • 好きな映画の原作、という気持ちで読んだけど、もしかするとこちらのほうが好きかもしれない

  • うん。良かったけど、漫画の前にメッセージがある感じ。うん。

  • 著者がバンドに明け暮れた青春時代を描いた漫画。ストーリー性はあまりないが、独特でほのぼのとした絵がよい。表情でいうと、やるせなさが結構滲み出るんだよなー、この人の絵。可愛らしい漫画。

  • 普通であることがコンプレックス。

    主人公はいろいろ回り道してるように見えるけど、まっすぐ生きているようにも見える気がする。
    転がるままに。

  • もやもやしながら、ふりまわされながら。

    だけど、大切なこと、ひとつだけでもずっと見つめられていたらいい。

  •  真っ直ぐすぎて、今の自分には受け止め切れなかったように思う。
     それでも言えることは、ボブ・ディランってすごい。

  • MJのダメダメさと、自分のダメダメさとが絶妙にマッチする。
    やらなきゃならないことをやるだけさ だからうまくいく
    しかしみうらじゅんは絵がうまいなぁ

  • おもしろっかった。「アイデン&ティティ」はロックとは何なのか悩むもので、ボブ・ディランが出てくる。「マリッジ」は愛とは何なのか悩んで、ジョン&ヨーコが出てくる。

  • ・3/5 これは仏像つながりなのか?勢いなのか衝動買いして読んでいた.ま、言ってみれば漫画だからあっという間に読み終わってしまうだろうけど、どうしても気になって読みはじめてしまった.作者の顔がこんなだったなんて、いくら若いころの写真とはいえ、ショックだった.余計なお世話だろうけど、イメージと違ったもんで.それにしてもいまどき珍しいロックの話だ.
    ・3/7 読了.これ、作者本人の話なんだろうか、フィクションなんだろうか.わからんがどっちでもいいのか.バンドやってたんだね、この人.

全107件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

ツイートする