アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

  • KADOKAWA (1997年11月21日発売)
3.71
  • (103)
  • (66)
  • (190)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 647
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・マンガ (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043434015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いわゆる「世間一般」からダメ人間だと言われ続けてきましたが、屁理屈とボンノウに、より、まみれているのはアッチだということを気づかせてくれました。

  • 絵がそんなに上手でないんですがなんか味があっておもしろい。
    青春ていいな…。

  • なんでコレ買ったんだろう?今となっては思い出せない。何だこの話と思いつつも最後まで読んじゃった。案外おもしろかった!へたなのかうまいのかわからない絵がいい。好きだわみうらじゅん。

  • 映画を見てから読んだ。

  • 映画版を見てから読みました。
    主人公の苦悩がダイレクトに伝わってきてかなりズキズキきちゃいました。
    何度も読みたい本です。
    主人公の彼女がとってもいいのです☆☆

  • ロックってナンだよ。
    全然意味がわかんねえ。
    同じような気持ちを私はアートってやつにもっている。

  • バンドをやりたくなる。
    不幸なことに不幸がない中島の苦悩。
    情けなさもみっともなさも全てがかっこいい。

  • アイデンと、ティティー。
    ディランと、僕。
    みうらじゅんさんという人は、自分というものに対して妥協がない、という印象を受けました。
    色々だめなところがあるんだけど、そのだめなところに対して真剣にひとつひとつ悩んでいる。
    その真剣さが、胸を打ちました。
    ディランの言葉も、いい。
    君の立場なら君が正しい、僕の立場なら僕が正しい。等 良い言葉がたくさんあります、この本の中に。

  • この世は愛で出来ている

  • 『自分自身と闘っている人ほど激しい闘いをしている人はいない。もし内なる敵と戦っているならば外側の敵が割りこむ余地はないよ』

全108件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

ツイートする