アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

  • KADOKAWA (1997年11月21日発売)
3.71
  • (103)
  • (66)
  • (190)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 645
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・マンガ (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043434015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロックの格好良さと格好悪さがつまった本。
    それはそのままやり続けることの格好良さと格好悪さにつながるわけで、20代の悩みはこんな感じになると思うな。

  • 「アイデン & ティティ」シリーズの1・2作目を収録したお得版。
    『愛しかない それが世界をうごかしている それなしではなにもできない♪』大人になっても心を振るわせるフレーズです。

  • オレのバイブル!!
    個人的にはかなりオススメ!!
    ティティを持って生きろ!!

  • ロック。
    ディランとレノンに戦く。
    面白かった。ディラン全詩集が欲しくなった。
    やれることをやるんだよ。だからうまくいくんだよ。

  • 自分のそばにもジョンやディランがいて大切なものをさがしているんだとかんじた。ほんとに泣ける

  • 映画はどうでもよいけど
    こっちはよい
    「あたしは君のマザーじゃないのよ」

  • アイデンと、ティティー。
    ディランと、僕。
    みうらじゅんさんという人は、自分というものに対して妥協がない、という印象を受けました。
    色々だめなところがあるんだけど、そのだめなところに対して真剣にひとつひとつ悩んでいる。
    その真剣さが、胸を打ちました。
    ディランの言葉も、いい。
    君の立場なら君が正しい、僕の立場なら僕が正しい。等 良い言葉がたくさんあります、この本の中に。

  • ここに出てくる彼女は理想の女性像だと思う。

  • 多感な時代に友人に勧められた本。考えさせられる。

  • イマジン。

全107件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

ツイートする