アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

  • KADOKAWA (1997年11月21日発売)
3.71
  • (103)
  • (66)
  • (190)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 645
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・マンガ (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043434015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みうらじゅんの他の本に比べると、かなりまじめな本。
    文庫本だけどマンガでした。

    主人公が、本当のロックってなんだろうとか、
    僕にとってのロックってなんだろうとか、
    そういうことを悩み迷いながら生きていく姿を描いた話。

    アイデンティティのない学校で
    アイデンティティのない友達と
    アイデンティティのない戦争をして
    アイデンティティのない世の中に送られる
    誰もが持ってそうで持ってないアイデンティティ


    これを読んでいてふと、
    今まで自分が大切にしてきたことってなんだろうって思った。
    みんなは何を大切にしてきたんだろうって。
    僕はこんな質問されたら耳をふさぎたくなっちゃうな。
    そういう揺るぎないものをしっかり持ってる人は強いんだろうなぁ〜。

    それにしても、主人公の彼女がかっこいい。
    それだけでも読む価値あるかも。笑

  • 作者自身がコンセプトについてこう書いている。「ロック版ドラえもん」。ロックと現実のギャップに悩むのび太が主人公の中島。道具はくれないけれど思想を贈ってくれるドラえもんがボブ・ディランだそうだ。これはとてもわかりやすい作者本人による解説だろう。

  • 立ち読みしたが最後はちょっと泣けた。主人公中島の彼女の包容力が魅力的。アツくアオクサいロックの話だが、ディランの存在がけっこういい。

  • ガロに連載していた時には、リアルタイムで。
    バンドブームのあとに読むと感じるものがある。

  • バンドマンの漫画。
    ロックとは何かをひたすら考える主人公。
    みうらじゅんさんが書いた、ってだけで読んだ。
    まあ、まあまあ面白かった、かな。
    なんか独特だった。

  • 小説だと思って、図書館でネット予約して借りたら、漫画だった。
    みうらじゅんさんっぽい、作品。
    模索している主人公に一定の共感はあるけど、これまで読んだものに比べると、その共感の程度は浅い。

  • 不思議だけど、よくわかる。

  • ロックとはなんだ
    ティティはどこだ

    現実的で青臭いのに、どこかフシギな作品。

  • ロックの幻想に忠実な青春。ロックはこうあるべきだとか言うのは、その時々で考えがブレる。

  • 表題作と『マリッジ』の二作を収録。ふたつは連作。
    なんというか、いまの時代に読むとすこし古くさいというか、ベタベタ。良い話なんだけど、今となってはありがちかも。
    絵も、カエル描いてるときの方がいい感じ。ボブ・ディランやジョン・レノンの絵はよかった。

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

ツイートする