アイデン&ティティ 24歳/27歳 (角川文庫)

  • KADOKAWA (1997年11月21日発売)
3.71
  • (103)
  • (66)
  • (190)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 645
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・マンガ (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043434015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 創作系を志す若者にはぜひ読んでいただきたい一冊。

  • ロック漫画の最高峰。

  • ボブディランが好きなので、昔、興味を持って読んだ本です。先日、西荻の古本屋でこの単行本を見つけ購入。久々に再読しました。自分の存在意義を自問自答して悩む主人公。そこに時々現れては、意味ありそうな啓示をかけるボブディランらしき人。時代は変わっても、ディランの言葉には普遍性を感じ、共鳴します。♪やれることをやるだけさ、だからうまくいんだよ♪なお、この作品は宮藤官九郎脚本により映画化され、公開当時、今は亡き「シネセゾン渋谷」まで観に行きました。映像のなかで麻生久美子がすごくミステリアスで、魅力的だったのが印象に残っています。

  • 本物のロックとは? 真実の愛とは?
    悩める主人公の前に、ボブ・ディランやジョン・レノン&オノ・ヨーコが現れる。

    みうらじゅんのロマンティックな部分が凝縮されています。
    でも、浮気、良くない。

  • 映画も秀一。ボブ・ディランを買いました(笑)

    みうらじゅんは、異人だけど偉人だと思う。おちゃらけの中に、本音が見え隠れするんだ。それも切実な。奥田民生に通ずるものを感じる。

  • ヒリヒリと攻めたてて、グリグリとえぐってくる。主人公は結構なヤリチンくんだが、とんでもなく童貞の臭いがする。
    だから男はこの本で涙するのだ。

  • このきもちは一生大事にしなきゃいけないんだよ。一生ってことば、そんな簡単に使う人間じゃないぜ、おれ。

  • 全一巻。バンドマンがボブ・ディランやジョン・レノンに導かれて真実の愛を探す物語。みうらじゅんの青春ノイローゼを聴きながら読んだ思い出があります。

  • あなたのティティを忘れずに。
    この本に高校の時に巡り会えてよかった。

  • 青春だなあ。
    切ないなあ。
    あんな、大人にも甘酸っぱい思い出があるんだな。
    みうらじゅんは、だから好きさ。

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。

「2018年 『仏像ロケ隊がゆく 見仏記7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

ツイートする