をんな紋―まろびだす川 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (4)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043435029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年.5.3 読了
    明治時代の御家のかたちが、少しだけ わかりました。

  • 時は明治。大地主の総領娘として生まれた柚喜は、田舎では唯一女子師範学校に通う秀才でもあった。
    “おんな紋”とは母親から娘に伝わる、その血筋に生まれた女だけの紋のこと。それは誇らしいものである一方、時に重い足かせとなり、女たちの意思を無視して人生を決定してしまう。 柚喜の最後の決断は、作品のテーマであり明治という時代の証でもあるのだが、やっぱりなぜだ~!と訴えたくなる。作品全体の趣深さは逸品。

  • 購入:2008/4/20、読了:2008/5/17

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

作家

をんな紋―まろびだす川 (角川文庫)のその他の作品

玉岡かおるの作品

ツイートする