をんな紋―はしりぬける川 (角川文庫)

著者 : 玉岡かおる
制作 : ゴトウ ヒロシ 
  • 角川書店 (2001年7月25日発売)
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043435043

をんな紋―はしりぬける川 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 壮絶だった
    これを思えば前作なんて
    まろびだす…だな

    帰ってくる息子が家族の雰囲気を華やかにする
    台風で息子の安否がわからない時の
    不安の大きさ
    現代も変わらないことなのだろうか

    柚喜が取り乱したのは
    おそらく氷菜へ対する一件だけであって
    後は、お見事に冷静を装っている
    そうでありたいと思う

  • 「おんな紋」第二部。商家に嫁ぎ5人の息子娘の母となった柚喜。子供たちや家人たちから絶大な信頼と敬意を集める柚喜だったが、実家をめぐる問題に巻き込まれて…。
    柚喜がいつの間にやら隙のない厳格な女になってしまった。妹の左喜はとんでもないバカ女になってしまった。そのせいか内容は1部よりかなりドラマティックになってきた。好みが分かれるところ。

全2件中 1 - 2件を表示

をんな紋―はしりぬける川 (角川文庫)のその他の作品

玉岡かおるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

をんな紋―はしりぬける川 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする