リリイ・シュシュのすべて (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.64
  • (197)
  • (179)
  • (398)
  • (33)
  • (10)
本棚登録 : 1648
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043441051

作品紹介・あらすじ

雄一は、中学一年の夏休み後、仲のよかった同級生から突然イジメの標的にされる。彼は、心の痛みをカリスマ的な存在である歌姫"リリイ・シュシュ"の世界で癒そうとする。そこだけが、自分の居場所であるかのように…。イジメ、万引き、援助交際…閉塞感に押しつぶされそうな日常と、そこから逃避してリリイ・シュシュのファンサイトに没頭する非日常の間で生きる十四歳。青春のダークサイドをリアルに描き出し、話題を呼んだ'01年公開作品のもとになった、ネット連載小説の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『リリイ・シュシュのすべて』と出会ったとき、私は中学一年生だった。注目の新作映画、みたいな感じでめざましテレビで紹介されていた。少年が裸で田んぼを泳がされているシーンが強烈だったことを覚えている。

    父親の素行の悪さが原因で、母が兄と私を連れて家を出る計画を立てていたのも同じ時期だった。どうしようもなく不安定だった。兄も私もわかりやすく荒れていた。感情が一瞬で爆発するエネルギー、抑えきれない怒り、焦燥感、膨らみ続ける自意識。あの感情はなんだったのか。思春期といってしまえばそれまでだけれど、当時の私はどうしても抜け出せない沼に沈み込んでいるような閉塞感のなかにいた。どうすればいいかわからなかった。

    『リリイ・シュシュのすべて』を初めて観たのは、母と兄と私、三人で暮らすアパートだった。兄と私はまったく会話をしなくなっていた。母は働く時間が長くなり、家にいないことが多かった。私は中学二年生になっていた。四畳くらいの自室で一人、素晴らしい音楽や漫画、小説、映画と出会えた時期だ。ビデオをレンタルしたのか、テレビを録画したのかは覚えていない。カーテンを閉めたままのあの部屋のブラウン管のテレビで『リリイ・シュシュのすべて』を観た。感動ではない種類の興奮が私を襲い、私は飲み込まれた。翌日、学校にいる同級生たちが全員くだらない存在に見えた。こいつらはリリイ・シュシュを知らない、と心のなかでバカにして笑っていた。
    だから、「『リリイ・シュシュのすべて』って知ってる?」と同級生に聞かれたとき、驚いた。部活の遠征に向かうバスのなかだった。あの世界は自分だけのものじゃないのか、という不満もあったが、映画の話を共有できて嬉しかった。とても興奮した。

    その同級生と別の高校に通うことになっても頻繁に連絡を取り合った。音楽の話が多かった。断絶のような仲違いも何度もあった。それでも時間が経つとまたメールをしたり、夜中に公園で何時間も話したりした。『リリイ・シュシュのすべて』のビデオを中古屋で見つけた私はすぐに彼に自慢した。人が沢山いる時、彼は「リリイだ! リリイがいるぞ!」と言ってふざけたりした。”リリイ・シュシュ”は彼と私の合言葉だったのかもしれない。高校三年の卒業間近、私は小説版の『リリイ・シュシュのすべて』を電車のなかで読んだ。電車で本を読むのが好きになり始めていた。

    高校卒業後、彼は就職し、私は大学に進学した。それでも付き合いは途切れず、何時間もくだらないお喋りを続けた。免許を取った彼の車で『リリイ・シュシュのすべて』のロケ地巡りをした。夏だった。中学校やラーメン屋、理髪店を見て回った。当時お互い付き合っていた人を連れてきて、彼の部屋で『リリイ・シュシュのすべて』を鑑賞して何とも言えない雰囲気になった。
    あの頃付き合っていた人は、今では私の知らない人と結婚して子供を育てている。もう『リリイ・シュシュのすべて』のことは忘れてしまっただろうか。

    大学卒業を控えた頃、リリイ・シュシュ復活ライブが中野サンプラザで行われ、もちろん彼と行った。素晴らしいパフォーマンスだったが、ステージで歌っているのはリリイ・シュシュではなく、Salyuだった。もちろんSalyuは大好きだけれど、観たかったのは映画の、暗い沼でおぼれるように歌うリリイ・シュシュだ。あの狭い部屋で、一人で、ブラウン管テレビで何度も何度も繰り返し観たリリイ・シュシュが観たかった。自転車を漕ぎながらMDでリピートし続けたリリイ・シュシュの歌が聴きたかった。まるで自分だけが取り残されてしまったみたいな気分だった。
    (その後、亡くなってしまったフジファブリックの志村さんを送る会「志村會」が中野サンプラザが行われたこともあり、中野サンプラザにはあまりいい思い出がない)

    気づけば中学生の私が感じていた息苦しさは無くなった。永遠に思えた学生時代も終わった。
    本当に自意識の沼から抜け出せたのかはわからない。ただ、音楽、漫画、小説、映画、多くのカルチャーが私をずっと守ってくれたような気がする。中学から付き合いが続く彼とは今も友人で、毎年フジロックの話をしている(一昨年のフジロックでビヨークのステージが始まる直前にリリイ・シュシュの『アラベスク』が流れた時は二人で「リリイだー!」と叫んで笑った)。
    兄と会話しない期間もいつのまにか終わっていた。お互い成長したということなのか。兄は『リリイ・シュシュのすべて』を観たことがあるのだろうか。あれから何度か引っ越しをした。もう四畳くらいの部屋には住めない。
    成長、といえば聞こえはいいが、やはり取り残されたような気持ちは確かにある。

    就職後、昼休みにパソコンで眺めていたまとめサイトで『リリイ・シュシュのすべて』が中二病御用達映画と揶揄されているのを見て、思わず笑ってしまった。
    たしかに中二病にはもってこいの映画だと思う。中学二年だった私は『リリイ・シュシュのすべて』で変わった。色んな意味で拗らせてしまった。そして今でもリリイ・シュシュから離れられずにいる。
    時間が経って成長しても、十四歳の私がいる。
    あの狭い部屋のブラウン管越しに私を見つめている。

    --------------------------------------

    映画と小説で設定が微妙に違うから、時間を置いて読み直すと久野さんが死ぬことに何度も驚く。
    今でも公式ホームページのBBSではリリイ・シュシュの世界を楽しんでいる人たちがいることにも驚く。
    何故十四歳の私はこれほど支持されている作品を、自分しか知らないと思い込んでいたのだろう。井の中の蛙だ。そんな恥ずかしい蛙の私と、中学時代からずっと興奮を共有してくれてきた友人には言葉で言い表せないほど感謝している。面と向かって言うことはないからここに書いておく。私と友達でいてくれてありがとう。

  • 昔映画になったのは知ってて、原作あるのを知らずずっと映画を探してたんだけどなくて、ふいに古本屋で出会った1冊。タイトルから想像していたイメージと全然違って、なんだか痛かった。作者が監督だから、映画は的確に世界観反映されてるんだろうなあと思うと、さらに見てみたくなる。

  • 悲しくなる本。くらくなるほん。
    心にゆとりのあるときによむべき。
    もうちょっと落ちがあるのを期待してた

  • 評価をつけがたい

    読み終わってひたすら、気持ちがしずんだ

    そんなほん

  • 映画好き

  • 切なくて哀しくてとても綺麗な世界。

    まず「リリイ・シュシュのすべて」という
    タイトルに惹かれました。

    岩井俊二監督は映画「花とアリス」で知って
    とても綺麗な表現する監督だなあと思い
    他の作品が気になりました。

    リリイ・シュシュは映画ももちろん見ましたが
    私は映画を見る前に原作を読む派なので
    こちらを購入しました。


    この本の構成はとても新鮮でした。
    ネットのスレ形式で話が進められその構成の面白さに
    すらすらと読むことが出来ました。
    更に章ごとに挟まれてあるリリイ・シュシュの歌詞。
    とても綺麗な小説だなあと認識する点でした。

    小説の内容は中学生とは思えないような
    痛々しく悲しい物語ですがリリイの歌詞があることで
    どことなく癒され綺麗と思ってしまいます。

    小説を読んだ後に映画を見ることをお薦めします。

  • 文章が横書きなのでよりインターネットの無機質さを訴えかけてくる。蓮見が久野陽子に向ける、エーテルやリリイシュシュに対するモノとは違う、しかしよく似た、そして時にはそれ以上の大きな感情が、文体だと激しく伝わる。久野陽子に関していえば映画版のストーリーの方が好きだが、甲乙つけがたいほどどちらも最高。お守り。

  • また映画が見たくなった

  • 映画を先に見たので、どうしても市原隼人と蒼井優と忍成修吾で再生される… 市原隼人が田んぼの中にいるシーンが印象的

    ネット小説だったのが意外、最初は読むのに苦労したけど、サティの独白からは引き込まれてイッキ読みだった
    岩井俊二特有の光の感じが好き、薄く白く靄がかかってるような、文からもそれが伝わってくるのが好き

    映画も小説も甲乙つけがたい
    厨二病って言われればそれはそうってなるけど、今でも好きな本 読んだり映画みたりしたらしっかり鬱になるけど
    白い光と緑の田んぼと赤い血が映える小説
    ドビュッシーだいすき

  • 青臭くて痛い 

    サラッと読もうと手に取ると、あまりに重さに苦しくなるので落ち込んでいる時にこそ読んでほしい。
    上がりたいともがきたくなる。

全251件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

映像作家。1963年1月24日仙台市生まれ。横浜国立大学卒業。主な作品に映画『Love Letter』『スワロウテイル』『四月物語』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』『ヴァンパイア』『花とアリス殺人事件』『リップヴァンウィンクルの花嫁』など。ドキュメンタリーに『市川崑物語』『少年たちは花火を横から見たかった』など。「花は咲く」の作詞も手がける。

「2017年 『少年たちは花火を横から見たかった 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩井俊二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リリイ・シュシュのすべて (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×