不夜城 (角川文庫 は 21-1)

著者 :
  • KADOKAWA
3.68
  • (201)
  • (227)
  • (354)
  • (39)
  • (11)
本棚登録 : 2007
感想 : 210
  • Amazon.co.jp ・本 (533ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043442010

作品紹介・あらすじ

アジア屈指の歓楽街・新宿歌舞伎町の中国人黒社会を器用に生き抜く劉健一。だが、上海マフィアのボスの片腕を殺し逃亡していたかつての相棒・呉富春が町に戻り、事態は変わった――。衝撃のデビュー作!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりに夢中になれる本が読みたくなった。深く没頭して、気づいたら残り30ページになっているような、そんな本が読みたくなった。

    そこで手に取ったのが「不夜城」。作者は馳星周さん。

    とても評価が高いようで、強い期待感を持って読み始めた。

    果たして、一気読みの読書体験。あまりにも夢中になれた。

    舞台は新宿。時代は昭和後期? 台湾流民が歌舞伎町を支配してた時代は過ぎ去り、上海、北京、香港、マレーシア…という群雄割拠の時代が到来。

    そんな歌舞伎町で、主人公の健一は半々(日本人と台湾人の混血)としてのアイデンティティに苦しみ、孤高の処世術を身に着けていく。

    新宿の描写はとても色濃く、少し前にこんな時代があったのかと驚く。自分が過ごしてた裏側ではこんな抗争があったのかと。好奇心の強い読書家ならば、一気に引き込まれてしまう。

    どこまでが史実でどこからがフィクションなのか。境目が分からなくなるほどの描写力。

    そんな風に最初の100ページは、設定と世界観で読み手を惹きつける。

    それから「夏美」という名古屋からやってきた女性が健一に助けを求めるところから物語は動き出す。

    夏美の正体と目的が徐々に明らかになっていくさまは、さながら良質なミステリー小説。


    健一の過去の回想もまた良い。彼の人生が孤独と哀しみの一本道であったことが分かっていき、読者はその痛切感の虜になってしまう。

    中盤以降、物語はその加速度を増していき、気がつけば残り50ページ。

    健一と小蓮(夏美)が安寧を手に入れてほしいと強く願いつつも、それは難しいかもしれないという諦念もある。最後まで確信に至らない。作者は生粋のストーリーテラー。

    そして結末は、あまりにも哀しい。世界でたった一人、自分と同じ目をした人間と出会うことができた健一。だけど、その性質ゆえにあのような結末に至ってしまった。

    突き放されて、たった一人で路上に立ち尽くすような読後感。でもその孤独はどこか気分がいい。純度の高い孤独は独特の陶酔を持つのだということを教えてくれる小説。

    久しぶりに全てを忘れて没頭することができた。設定で惹きつけ、ストーリーで蹂躙する。文句なしに星5つ。大作であり傑作。読書家として、この小説に出会えて良かった。

    (書評ブログの方も宜しくお願いします)
    https://www.everyday-book-reviews.com/entry/%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%A7%E6%83%B9%E3%81%8D%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A7%E8%B9%82%E8%BA%99%E3%81%99%E3%82%8B_%E4%B8%8D%E5%A4%9C%E5%9F%8E_%E9%A6%B3%E6%98%9F

  •  彼らは互いの「決して人を信用しない」ことを信頼し、それをもって深く通じ合っていたのだと思う。

  • 闇社会を描くハードボイルド。淡々と進む時間の中に、気づいたら引き込まれてました。ラストはハラハラドキドキでした。

  • 何度読んでも面白い!

  • すごいなこれは。悪人しか出てこない。強烈なインパクト。
    早速続編を注文しました(笑)

  • 世の中では「勧善懲悪」物が昔から人気がある。だが、現実的に善は必ず勝つのか?というと、あまりそうではない気がする。むしろ負けてるのではないかとすら感じる。だからこそ、滅多に無いからこそ、勧善懲悪話はうけるのである。
    翻って、この小説には良い奴等ただの一人も存在しない。悪い奴らだらけである。先ほどの話からすると、より現実的なのである。それが、勧善懲悪ばかりはびこる中で逆にこの本を輝かせている理由でもある。
    北野武監督の映画と同様に、悪い奴しか出てこないこの小説はめっぽう面白い。よりリアルに感じるからだ。

  • 2021/05/07

  • 登場人物の区別がつかず、世界観にもついていけず。私には全く合わなかった。

  • 作者が自分に酔ってる。

  • 映画版も面白いです
    原作→映画がオススメ

全210件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。編集者、フリーライターを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。97年、同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年『鎮魂歌 不夜城II』で第51回日本推理作家協会賞、99年『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。2020年『少年と犬』で第163回直木賞受賞。ノワール小説だけに留まらず、さまざまなジャンルの作品を執筆、高い評価を得る。近著に『蒼き山嶺』『雨降る森の犬』『ゴールデン街コーリング』『四神の旗』などがある。

「2020年 『文庫 神の涙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

不夜城 (角川文庫 は 21-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×