古惑仔 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.81
  • (1)
  • (3)
  • (20)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 131
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043442089

作品紹介・あらすじ

5年前、中国から同じ船でやってきた阿扁(アーピェン)たち15人。だが、毎年仲間は減り続け、残るは9人。減った6人は流〓(リウマン)となり、阿扁と会った直後に皆死んでいた。自分は死神なのか。自問する阿扁だったが-(「死神」)。歌舞伎町の暗黒の淵で藻掻く若者たちの苛烈な生きざまを描く傑作ノワール、全6編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 馳星周の本ははずれがない・・・けど、短編集よりは長いものの方がいいかな。
    そして、あいかわらず、救いのない話がいっぱいの一冊でした・・・。

  • 出てくる名前が中国人でわけわかんなくなるー。歌舞伎町の話。

  • しばらく馳星周休むと3回くらいいいながらまた馳星周(笑)。見かけると買ってしまう。馳星周の魅力発見が今年最大の読書収穫だったということになりそうだなあ(´▽`)

  • 救いがない。
    ひたすら墜ちていく人間を描かれている。
    しかも、短編なので、登場人物に深みをだすような描写もない。

    いやー、きつい。

  • 馳星周の中では一番好きです。何度も読んでいます。

  • すべて長編にできるような気がした。クリスマスストーリーと笑窪がよかった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。編集者、フリーライターを経て、96年『不夜城』で小説家デビュー。97年、同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年『鎮魂歌 不夜城II』で第51回日本推理作家協会賞、99年『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。2020年『少年と犬』で第163回直木賞受賞。ノワール小説だけに留まらず、さまざまなジャンルの作品を執筆、高い評価を得る。近著に『蒼き山嶺』『雨降る森の犬』『ゴールデン街コーリング』『四神の旗』などがある。

「2020年 『文庫 神の涙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馳星周の作品

ツイートする
×