口だって穴のうち (角川文庫)

著者 : 内田春菊
  • 角川書店 (1999年12月発売)
2.90
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 27人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043444021

口だって穴のうち (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「穴に何を入れるんですか」
    各界の著名人と内田春菊の対談。
    気持ち良くなります。

  • 南伸坊、養老孟司、嵐山光三郎、筒井康隆、大川豊、島森路子、桃井かおり、岸田秀   との対談。

  • 赤裸々であけっぴろい。
    それでいて、思慮深くて繊細。

    ことばを選んでいる印象は全く受けないけれど、何年後かのものと見比べるときっと、沢山かたってないものがあるはず。

    おもしろい。素直に。

    それでも常に感じるのは、彼女が「女」だな、ということ。
    コレを見ていたら、私も恋をしなくては!と思える。力あることばだなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

口だって穴のうち (角川文庫)のその他の作品

口だって穴のうち 単行本 口だって穴のうち 内田春菊

内田春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
劇団ひとり
内田 春菊
白石 昌則
有効な右矢印 無効な右矢印

口だって穴のうち (角川文庫)はこんな本です

ツイートする