私たちは繁殖しているピンク (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (17)
  • (16)
  • (92)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 224
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043444052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内田春菊さんの妊娠・育児漫画。息子を育てる日々の様子が面白かった。私は私、私なりの育児でいいというのが首尾一貫していて、それに水を差してくる輩への対し方とか気持ちいい! 子育てって楽しいだろうなと思えるエピソードがいっぱい。そして春菊さんが息子の言動をよーく観察し、分析しているんだな。何だか人を育てるという実験チックでもあって面白かった。母たるものは的呪縛にとらわれて育児しなくたって、こんな科学的アプローチで育児したって、子どもは育っていくんだよ。
    余裕でゆうゆうと妊娠して育児しているようだけど、流産とか子宮外妊娠の顛末とかも詳しく描かれていて、女という性って大変だ。男性と比べるとどうにも不公平に思えてならないんだけど、春菊さんにしたって何度も子どもをつくろうとしていて……すごい。

  • おもしろー
    育児が気楽になるかも。
    息子とコンピューターってとこが面白かった。

  • 何かきっかけがないとあまり話題にならない・人に聞きにくい流産の体験談や子宮外妊娠の体験談がマンガになっているのがすごい。手術の様子がイメージできます。子宮外妊娠の検査の穿刺が怖すぎますが(なるべくならこんな検査は受けたくない・・・)。

    卵巣が一つだけになっても卵管が2つあれば両方の卵管が卵を拾いに行くという話はびっくりしました。

  • 2013.2月 古本屋で105円。

  • 相変わらずすごい。

    子宮外妊娠で大変だったことも詳細に描かれてるのですが、元旦那の態度は確かにひどいかも…。

    すぐ離婚しはったらしいですね。。

  • 子育て漫画エッセイ。なんと言うか、たぶん子育てというのは、楽しいのかもしれないと思わせる一冊。

  • ポリオって何のことかわからなかったけど、生ワクチンのシロップのことか~注射のほうが早いんじゃないの!?

  • このシリーズと毎日かあさんを読むと子供を産みたくなる。

  • だいすき

  • 卵管って、そうなんだ〜。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年長崎県生まれ。漫画家、小説家、俳優、歌手。1984年に漫画家デビュー。1994年『私たちは繁殖している』『ファザーファッカー』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。その他の作品に『南くんの恋人』『あなたも奔放な女と呼ばれよう』など。私生活では4人の子どもの母親(夫はいない)。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本ばなな
内田 春菊
安野 モヨコ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×