ノートブック (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.19
  • (1)
  • (2)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043444106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 春菊さんの本にしては 裸が少なかった(笑)短編集で 本の題名になっている ノートブック は 自分の昔の ノートへの思い出を引き出してくると ともに 毎年5月になると記憶が欠如して あやしい文字を書き付けていることに気が付いた主人公の ぞくっとする シュールな物語が ちょっとリンクしてドキドキしました。

  • 表題作の『ノートブック』はエロはなく、ちょっと不思議な感じを描いた作品。
    エロじゃない春菊さんもイイです。

    『今日まで私に』は、春菊さんの作品によく出るパターンの女性が登場。
    この手の女性が登場すると、いつもイライラしてしまうのに、ついつい読み進めてしまう(笑)
    こんな女性が存在することを冷静に描いていると思います。


    【ノートブック~Ⅲ/明日から私は/今日まで私に/きっと何でもしてみせる①~③】

  • エロくない内田春菊もいいと思いました。

  • 表紙が好き。パンダかなにかのぬいぐるみかと思ってよく見たら違った。

  • なかなかヘビーな話だ。

  • 少しオカルトかな・・。春菊さんの本は 女性と体のバランスだとか題材にしたものが多いと思っていたけれどこれはまた違う一冊。

  • 少しオカルトかな・・。春菊さんの本は 女性と体のバランスだとか題材にしたものが多いと思っていたけれどこれはまた違う一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1959年長崎県生まれ。漫画家、小説家、俳優、歌手。1984年に漫画家デビュー。1994年『私たちは繁殖している』『ファザーファッカー』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。その他の作品に『南くんの恋人』『あなたも奔放な女と呼ばれよう』など。私生活では4人の子どもの母親(夫はいない)。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田春菊の作品

ツイートする
×