カラダに聞いた15の話 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043447053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 移植によって他人の心臓をこの胸にいだきつづけることになったひとりの男。彼はいくら恋に身を焦がしても、どんなに緊張しても、生真面目に鼓動をうちつづける新しい心臓に違和感を感じないではいられなかった。そんな人生、寂しすぎやしないか?脳死判定の妥当性や論理的問題、高額な医療費とさまざまな問題をかかえながらも、もはや後戻りできなくなっている現代の“臓器移植”。その違和感や悲喜こもごもを軽妙なタッチで綴ったユニークで不思議な医学フィクション、15の物語。

全1件中 1 - 1件を表示

永井明の作品

カラダに聞いた15の話 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×