いちずに一本道 いちずに一ツ事 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.69
  • (29)
  • (32)
  • (63)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 300
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043448012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本人なら誰しも相田みつをさんの作品を
    見たことがあるのではないでしょうか?

    私も何度も目にしていましたし、
    よく紹介もされ、ただ好きでしたが、
    そんな彼の人生についてはほとんど何も知りませんでした。
    彼の人生を知ることによって今まで理解していた気でいた
    作品の本当の意味が理解出来たような気がします。
    この本を読むと、同じ作品でも、今までと違って見えました。

    私は文庫本が好きなので
    このサイズで発売されたことはとても嬉しいです。

    表紙も凝っていて、とても気に入りました。

  • 涙なしでは読めませんでした。

  • 相田みつを さんは書家で詩人、と私は思っている。残念ながら、既に故人。あの独特な書体で綴られた、素晴らしい言葉はもう新しくは生まれない。
    その相田さんのものを一つ、ということであれば、私はこの書を薦めたい。
    どの言葉も味わい深いが「一番わかっているようで一番わからぬこの自分」「今からここから」など、是非、一つ一つ味わって見て欲しい。
    Twitterの相田みつをさんのボット(@aida_mituwo_)も愛用させていただいている。これは、相田みつをさんの言葉を一日3~5つ送ってくれる。聞き覚えのある言葉が送られてきて、私の最も好きなボット(Twitterで、自動送信される仕組み)の一つ。ただ、もちろん、活字で送られてきて、あの独特の書体ではこない。これを補うためにも、是非、この本を手元に置きたい。

  • 昼休みに一気に読破!うっかりすると傲慢になりがちな自分を見つめ直す。そんなきっかけを与えてくれました。実家の至る所に相田みつをさんの書が(カレンダーなどですが…)あったなぁ。

  • ----------------------------------------------
    ▼ 100文字感想 ▼ 
    ----------------------------------------------
    いちばんおおっ!と思ったのが、みつを氏が生活のため
    に包装紙のデザインをしたときのエピソード。前金とうぬ
    ぼれで仕事をもらった話はデザイナーとして励みになる。
    簡潔で明瞭で痛快な、みつを氏の作品の秘密がここに!


    ----------------------------------------------
    ▼ 5つの共感ポイント ▼ 
    ----------------------------------------------

    ■人間にとっていちばん大事なものは、学歴でも肩書
     きでもお金でもありません。丈夫な身体と健康な心、
     これが最高jの宝です

    ■ともかく具体的に動いてごらん
     具体的に動けば
     具体的な答が出るから

    ■人生の的
     ふたつあったらまようよ 
     ひとつならまよいようがない
     人生の的はひとつがいい

    ■あってもなくてもいいものは
     ないほうがいいんだな(武井老師)

    ■自分の力を出しきって、この仕事をいたします。け
     れど、人の好みや評価はさまざまで、誰から見ても
     合格という保証はできません。ただし、私自身が納
     得しないようなものは絶対に作りません

  •  ブックオフで百円で買ったら思いの他いい買い物でした。
     最近本当に行く先々で禅に出会うから驚いてしまう。
     相田みつをも禅の影響を受けていたことは初めて知りました。
     挫けそうになっても、この本を捲れば立ち直れる気がする。

  • 言葉ひとつひとつが心に響きます。
    そっと部屋の片隅に置いておきたい♪

著者プロフィール

相田 みつを(あいだ みつを)
1924年5月20日 - 1991年12月17日
1924年、栃木県足利市生まれの書家。本名:相田 光男、雅号:貪不安(ドンフアン)。
旧制栃木県立足利中学校在学中から書に親しみ、卒業後、書家を志し岩沢渓石に師事1953年3月、関東短期大学夜間部国文科卒業。 1984年に詩集『にんげんだもの』を刊行し、ミリオンセラーに。以降多くの書籍を刊行。
1991年道でころんで入院、脳内出血が元で急逝する。

相田みつをの作品

ツイートする