相田みつを ザ・ベスト にんげんだもの 逢 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.89
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043448104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【人には言えない苦しみは、いえばただの愚痴になる】

  • 姉から借りて読んだ。相田みつをの作品に興味があったので読んでみた。予想していた以上にいい言葉が載っていた。26ページの「七転八倒」と30ページの「かねが」が特に印象に残った。

  • 母が送ってくれた本。辛いとき、読み返して前を向く。

  • 謙虚に。個性を大切に。自分らしく生きることの幸せを思い出させてくれる本。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

相田 みつを(あいだ みつを)
1924年5月20日 - 1991年12月17日
1924年、栃木県足利市生まれの書家。本名:相田 光男、雅号:貪不安(ドンフアン)。
旧制栃木県立足利中学校在学中から書に親しみ、卒業後、書家を志し岩沢渓石に師事1953年3月、関東短期大学夜間部国文科卒業。 1984年に詩集『にんげんだもの』を刊行し、ミリオンセラーに。以降多くの書籍を刊行。
1991年道でころんで入院、脳内出血が元で急逝する。

相田みつを ザ・ベスト にんげんだもの 逢 (角川文庫)のその他の作品

相田みつをの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
佐々木 圭一
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする