爬虫館事件―新青年傑作選 (角川ホラー文庫)

  • 角川書店
3.58
  • (3)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043449019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <氷れる花嫁>
    哀しいタイタニック。
    ある意味確かにホラー。
    45 はるかの船首に両手を上げて突っ立っている花嫁の姿。

  • 「新青年の奇跡の再録集」
    横溝正史、水谷準、渡辺啓助、大阪圭吉、
    江戸川乱歩、夢野久作、海野十三、など、
    総勢20人の小説集。まあ、初期ミステリ。
    ハイセンスを見せつけられる。そして感動。
    これが、才能というものか。

  • 自分が久生十蘭を知ったきっかけ。怪奇小説を読み漁っていた頃がなつかしい。

  • (収録作品)恐水病患者(角田喜久雄)/七つの閨(水谷準)/血笑婦(渡辺啓助)/+・-(城昌幸)/灯台鬼(大阪圭吉)/火星の運河(江戸川乱歩)/柘榴病(瀬下耽)/人の顔(夢野久作)/面影双紙(横溝正史)/水色の目の女(地味井平造)/逗子物語(川上健一)/蛞蝓綺譚(大下宇陀児)/本牧のヴィナス(妹尾アキ夫)/氷れる花嫁(渡辺温)/氷人(南沢十七)/タヒチの情火(香山滋)/猫柳の下にて(三橋一夫)/黒い手帳(久生十蘭)/爬虫館事件(海野十三)

  • いい時代だなあ。

    著名作家の有名短編がぎっしりで。お得。蛞蝓綺譚がよい。

  • 半身浴のお供にしています。

    狭いバスタブに浸かっていると、爬虫館事件と
    シンクロしてなんとも言えない気分になるkと間違い無し(笑)

  • 面白い。

  • 表題作は海野十三の短篇。なかなかに面白いトリック

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする
×