心臓狩り (2)シャーマンの一族 (角川ホラー文庫)

著者 :
制作 : toi8 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043461066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心臓が横紋筋であることを種に吸血鬼伝説、神の人類進化プログラムという大風呂敷を広げている。が、心臓移植をアクション小説にする発想が斜め上すぎて、病後にそんなに動いて大丈夫なのか、と思ってしまう。

  • 地の文にやたら「!」を使うのは止めてほしい。読みにくいことこのうえない。

  • 完全に異能力、シャーマンの物語になってしまった。記憶の継承部分に興味があったので、ちょっと思っていたのと違うかな。
    それにしても舞との恋模様の障害になると思っていた映一が、あっさりと退場してしまったのがビックリ。

  • 心臓を狩るという意味が見えてきたが、神のような存在による発現すべき異能をもつものとしては、感情的には、あまりに人間的で、なおかつ狭い世界の身でいったい何をしているのかという感じで、物語に発展性が見出し得ていない。やはり、ソリトン以降の作品には魅力が見出し得ない。至極、残念。

  •  物語の本筋がやっと見えてきたかな。続きが気になるので、このまま一気に下巻にいきます。

  • 梅原氏の特徴として主人公が何らかの奇妙な能力を手に入れ、もしくはそれらと対峙し、深層(真相)に向かうというものがある。心臓移植――現代のタブーを斬り裂くメスになる、手術的な小説であろう、これは。

  • カテゴリを『SF 文庫』にしてみたんだけど、それで合っているのかわかりません。でも、ホラーでないことだけはわかる。
     
    表紙の主人公の髪が若干縮れてて笑った。(1巻参照)
     
    1巻よりは、進んでるけど話の進行がやっぱり遅い気がする。
    なんだろう、もう少し、伝奇的なもしくは民俗学的見解が個人的には欲しかったなぁ。
    シャーマンの一族と題してるわりにはそのあたりあっさりしてたような……。

全8件中 1 - 8件を表示

心臓狩り (2)シャーマンの一族 (角川ホラー文庫)のその他の作品

梅原克文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

心臓狩り (2)シャーマンの一族 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする