ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 (角川ホラー文庫)

著者 : 小林泰三
  • 角川書店 (2004年3月発売)
3.66
  • (42)
  • (47)
  • (79)
  • (7)
  • (3)
  • 本棚登録 :404
  • レビュー :49
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043470068

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小林 泰三による侵略型SFホラー小説。思想を異にする2体の宇宙知的生命体が地球に降り、地球の生命体に寄生して戦いを繰り広げるというプロットはハル・クレメントが1950年に発表した侵略SFの古典「20億の針 (Needle) 」をベースに、ロバート・A・ハインラインが1951年に発表した『人形つかい』、1987年にアメリカで公開されたアクションホラーSF映画『ヒドゥン(The Hidden)』のホラー感覚、スティーヴン・バクスターが1991年に発表した宇宙高等知的生命体同士の対決SF作品「ジーリー (Xeelee) 」シリーズの世界観を始め様々なSF作品を一つの鍋に入れ、和製特撮映像作品を調味料に加えたトンデモSFスプラッターホラー小説。
    本作を1966年に円谷プロが製作した「ウルトラマン」へのオマージュとする感想を多く見受けるものの「ウルトラマン」の初期段階からの基本設定は円谷プロのメインシナリオライターであった金城哲夫氏らがクレメントの「20億の針」を草案にしているので本書がウルトラマンのオマージュやパロディとするのは語弊があり、むしろ「仕切り直し」をした作品といえよう。しかし、読者のサービスやビジュアルを明確化する意味合いも込めて特徴的なフレーズを使って楽しませてくれるのは事実。
    前作の「玩具修理者」から引き継いだ宗教における信仰心や教祖のカリスマ性の裏側に垣間見える人の弱い心やそれに入り込もうとするドロドロとした思想は即ち心への「侵略」であるとする部分をより明確化した作品であり、ジャック・フィニイの名作「盗まれた街」の日本版クライマックスは「影」との決着を描きつつも、プラズマ生命体、ダークマターを扱ったハードSF調の締めくくり方は、前半のハチャメチャなダイナミックさを徐々に抑え、しだいに美しく輝きだすかのような綴りで、それはまるでホルストの組曲「惑星」をフルで聞いた様な後味が楽しめた。
    「ΑΩ」 Αアルファは始まり、Ωオメガは終わり。アルファは淘汰であり、Ωは再生。ぞしてそれは永遠に続くのだ。

  • (あくまでも常識というのは主観的なもので、
    人によって感じ方はそれぞれ違うかもしれないが)
    登場人物たちの言動があまりに常識から外れていて、

    "登場人物の行動が物語を進行させる"のではなく、
    "物語を進行させるために登場人物が動いている"
    違和感が消えなかった。

    漫画で言えば
    寄生獣や、亜人、進撃の巨人にカテゴリされるような、
    人類危機を描いたスケールの大きい作品ではあるが、
    一個人を中心とする小説という表現手段のせいなのか、
    スケールの割りに閉じた世界で展開しているよう感じる。

    ウルトラマンはちゃんと観た記憶がないが、
    似ているのだろうか。

    敵の目的がさっぱりわからないままなのも、
    つかみ所のない読後感の大きな要因かもしれない。

    知識は豊富だし、文章は淀みなく説得力がある。
    個人的にスプラッタSFは初めて読んだ。
    趣向に合わなかっただけで、好きな人は大好きであろう。



    私がこの作品について
    ただひとつ言えることがあるとすれば

    交接はエロい。

    ということだけだ。

  •  地球に2つの異星生物が降下する。赤い玉を青い玉が追っている。青い玉の宇宙人は誤って人間を死なせてしまったため、彼に同化して命を繋ぐとともに、地球上で活動する基盤を得る。普段は人間として活動するが、敵である赤い玉の生物と戦うときには、銀色の巨人に変身する。しかし、地球上ではその変身形態は短時間しか維持できない。
     それは『ウルトラマン』のストーリーだろうって? 『AΩ』のストーリーです。
     明らかに『ウルトラマン』を意識した、ある種の怪獣SFである。角川ホラー文庫に収録とあって「超空想科学怪奇譚」などという副題が付いているが、角川の編集者はアホか?
     ホラーの意匠を借りているのはプロローグ。航空機事故で死んだ、別居中の夫が蘇って、起き上がり、妻の腕をつかむ。悲鳴を上げる妻。
     ところが蘇るのには上記のような理由があるのだから、ホラーにはならない。ウルトラマンに当たるのが、ガ。プラズマ生命体である。情報のみで定まった肉体を持たない生命。ガはそんな「一族」の中のトホホな存在。繰り返す失敗の末、起死回生を期して、困難な任務に挑む。「影」を追うのだ。
     「影」とはこの宇宙の物質より2分の1スピン小さい素粒子によって構成されているために、この宇宙の物質とは干渉し得ない何者かである。干渉し得ないとはいっても、重力だけは共通して影響を受ける。「影」はこの唯一の回路を通して、オートマトンをこっちの世界に送り込んできた。目的はよくわからないが、明らかに「一族」にとって危機だ。この「影」の破壊がガの任務である。地球に向かった「影」を追ったガは飛行機に接触し破壊してしまう。
     ガによって疑似細胞を補填されて蘇った男は諸星隼人。諸星ダンとハヤタ隊員を合成したような格好いい名前だが。どうやら彼は彼で人間社会の中ではかなりトホホな男だということがわかってくる。そんなトホホ同士でも、互いに目的はまったく違う。「影」と戦うときには不要な色素はなくして白色の体で、と描写しつつ、それを「銀色」と言わせてみたり、戦闘体の出す声が「ジュワ」とかだったり、随所にオマージュが。
     「影」と戦う度に肉体がズタボロとなる隼人にとってはいい迷惑だが、ガなくして隼人の生存もない。そんな共生状況にあって、やがて、妻を助けに行こうとする隼人とガが心を通わせる部分は感動的。ファースト・コンタクトSFでもあるのだ。他方「影」ははじめは怪獣のような形態を取ってガと戦うが、やがて地球生物に干渉し、ドロドログチャグチャズルズルと壊滅的な状況になってくる。破滅SFでもあるのだ。
     そして最後は宗教SF、哲学SFをかすめて、硬質な抒情のもと終結を迎える。傑作である。

  • グロくて絶望的な世界描写が延々続く話かと思いきや、わりあいハッピーエンドで読後感が清々しい! 驚いた。

    中身は、エヴァンゲリオンとバイオハザードとウルトラマンと『ジュマンジ』のごった煮といった様相を呈している。しかし、徹底的に作り込まれた設定お科学考証のおかげで、猥雑さも過剰にはならず、説得力がある。いやあ、じつに読ませる! 作者の力量のなせる技か。

    ラスト2ページは、作者によるファンサービス! 「長いお話、ここまで読んでくれてありがとうございます♫」と作者が言っているような愛嬌のあるオチ。

  • 宇宙人というのは何やかやといっても大体固体なわけで、これが期待になったりしてしまうと、もはや存在しているのも分からないというか、RPGの敵のような存在。実際のところ宇宙人がいたとしても、全く意味不明な存在の可能性の方が高いよなぁ、などと思う。

  • SFでホラーで怪獣モノという著者の集大成のような長編。とは言え面白くて一気に読み終えてしまいました。
    ウルトラマンなどのテレビの特撮モノは最初の15分、悪い怪獣が地球にやって来て…という下りが、ヒーローが出てきて怪獣を退治するラストよりも好きだったと言う著者の言葉が活き活きと生かされていると思いました(笑)いろいろなパロディも鏤められているので、それらを拾う楽しみも乙でした。ラスト、「ガ」の本当の名前も。

    長編ということだけあり、持ち前の鋭利さが若干欠けているのがちょっと残念。

  • 色々カオスだがラストはきれいにあっけなく収束。大変楽しく読めました。

  • 小林泰三さんの長編を初めて読んだ。
    序盤からわけのわからない単語を連発され、だいぶ辛かった。そこを乗り越えた後は楽しめたが、後半からスケールがいきなりデカくなり、そのくせ話自体はつまらなくなってきた。とくに、終盤のデパートでの戦闘は少年漫画のような展開が続き白けた。

    私だけかもしれないが、主人公の変身能力から進撃の巨人を連想してしまった。

  • 途中までは抜群に面白かったがラストがしっちゃかめっちゃかで、上手く消化できなかった。
    もう一年後くらい読み直したらまた違う印象なのかもとも思う。

  • 人間と異種生命体の共生関係故の苦難、戦闘時の近隣被害、敵による人類の変異etc…をグロ要素を加えつつ書かれた小林泰三版ウルトラマン。
    更に後半はデビルマンとなり、必殺技はマジンガーZ、そしてオチは"アレ"だったりします。
    終盤は打ち切りの決まった少年漫画よろしく少々詰め込み過ぎな展開なのが惜しい。

    『玩具修理者』未見の方は先にそちらを読むことをオススメします。

全49件中 1 - 10件を表示

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 (角川ホラー文庫)のその他の作品

小林泰三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ジェイムズ・P・...
小林 泰三
有効な右矢印 無効な右矢印

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 (角川ホラー文庫)に関連するまとめ

ΑΩ(アルファ・オメガ)―超空想科学怪奇譚 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする