臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.41
  • (16)
  • (47)
  • (62)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 431
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043470105

作品紹介・あらすじ

彷徨い人が、うらぶれた町で見つけた「臓物大展覧会」という看板。興味本位で中に入ると、そこには数百もある肉らしき塊が…。彷徨い人が関係者らしき人物に訊いてみると、展示されている臓物は一つ一つ己の物語を持っているという。彷徨い人はこの怪しげな「臓物の物語」をきこうとするが…。グロテスクな序章を幕開けに、ホラー短編の名手が、恐怖と混沌の髄を、あらゆる部位から描いた、9つの暗黒物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彷徨い人がうらぶれた町で見つけた「臓物大展覧会」そこに展示されている臓物は一つ一つ己の物語を持っているらしい。彷徨い人は「臓物の物語」を聞こうとするが…というプロローグで始まる物語なのですが、読んでみるとスプラッタありSFあり、別に臓物関係なかったりで、あんまり統一性のないグロめの短編集だった。星新一的な「釣り人」「造られしもの」がおもしろかった。オチがよくわからないのが多かったので★2。

  • 『悪魔の不在証明』が最高

    この中に神の存在「賛成派」「反対派」の意見が全て載っている。

    常に議論のテンプレとして携帯しておきたい。

  • "牙を剥いた八岐大蛇の顔が視野いっぱいに広がった。
    三人は目を瞑り絶叫した。
    いつまでも絶叫が続いた。
    三人とも、さすがにこれほど絶叫が続くのは妙だと思った。
    ついに息が続かず、絶叫が途絶える。
    ユリコは息継ぎをして、また絶叫を始めた。
    ブキチは恐る恐る目を開いた。
    目前三メートルのところに八岐大蛇の顔が迫っていた。
    だが、その位置からは前に進むことができないようだった。全身が激しく振動し、表皮が波打っている。
    「二人とも目を開けてください!さあ、逃げましょう!!」"[p.259_SRP]

    前半はけっこうぐろねちょと。

    「プロローグ」
    「透明女」
    「ホロ」
    「少女、あるいは自動人形」
    「攫われて」
    「釣り人」
    「SRP」
    「十番星」
    「造られしもの」
    「悪魔の不在証明」
    「エピローグ」

  • 「腹が立つ」「腹の虫が収まらない」「腹に据えかねる」「腸が煮えくり返る」「腹黒い」「腹を決める」の言葉があるように、腹、腸(はらわた)は古来、日本人にとって脳や胸(心)よりも怒りや恨み、または強い欲望の『意識』が在る臓器なのだとする小林の着想と感性で綴られる9話で構成される恨みと復讐のホラー小説短編集。表題をストレートに解釈するとさぞやと思われるが、内容は確かにグロテスクなホラーも在るもののSFテイストに満ちた奇異なストーリーで構成されている。
    エジプト神話の≪ウロボロス≫と苛めによる恨みの背景を絶妙なバランスで描いた正統派ホラー作品『透明女』。
    ≪霊体視認≫をシステム化した社会で人の人生における強い欲望を描いた『ホロ』。
    小林の短編においてたびたび登場するテーマ≪ロボットと人の優劣の差≫を描いた『少女、あるいは自動人形』。
    ホラーというよりもミステリーの趣が近い誘拐犯と主人公の織り成すストーリーは犯人が主人公の仕掛けたトリックを推理するという逆転の発想がコメディタッチの「攫われて」。
    60~70年代の星新一によるSFショートショートをリスペクトしたような読了感の『釣り人』。
    作者の小林はきっとテレビを熱中して観、妄想の日々を送る少年だったに違いない。いや、きっとそうだ!ヒロインのフジ・ユリコってネーミングどうよ?好きだねぇ、否定はしないその気持、凄く良く判るから。『SRP』
    この作品が随筆されていた頃は「冥王星」は第9番目の惑星だったんだなぁ。ちょっとタイムトラベルしたような錯覚を楽しませてもらったヤング・アダルトなSFホラー作品『十番星』
    『少女、あるいは自動人形』と共通するテーマの短編。「不完全な人間と完全なロボット」の差と、人間の尊厳が危うくなる恐怖『造られしもの』
    有名な「悪魔の証明」をベースにしたストーリーは、文筆家の男と、聖書を盲信する宣教師の男とが繰り広げる神の実在の証明を賭けての問答。行動の出発点が≪善意≫で動いている人間ほど厄介なものはない事を表現したシニカルでブラックな展開は、逆説的に人間の≪腹黒い(グロい)≫部分を炙りだす『悪魔の不在証明』
    タイトルは、かなり≪狙った≫向きがあり、むしろ確信犯的。おもしろかった。

  • 夏の終り頃購入し、長く積読にしていた1冊。
    完全にタイトル買い。購入後、同作者の『玩具修理者』『人獣細工』『肉食屋敷』『アリス殺し』(順不同)と別作品を発掘 、先に読んでしまって……。
    タイトル、プロローグと本編との関わりは薄く、期待していたモノとは異なるが、色とりどりの9編を取り揃えたあたりは大展覧会。
    「ホロ」ヴァーチャル・オチ的なのは個人的に、あまり好みじゃないかな。
    「少女、あるいは自動人形」は世界観は好きだけど、アレレ?って感じ。
    ショートショート的「釣り人」のオチは、ソコへ至るまでとのギャップに、思わず笑ってしまった。
    「透明女」「攫われて」はスプラッター描写に目を奪われがちだが、オチのスッキリしない感が好き。
    そして、後半4編はベクトル異なるが、ドレもイイ。
    「十番星」少年主人公モノ。環境問題を逆手にとり、人間が元凶かと思いきや、きいきいきい(←ふざけてるわけではありません)。
    「悪魔の不在証明」途中で何となく、オチの予想がついたが、イイ意味でモヤモヤする。
    「造られしもの 」ロボットSFモノ。オチとともにこのタイトルが秀逸。
    「SRP」コメディタッチのB級特撮モノ臭がプンプン。設定も、キャラも、オチまで大好物!
    以上が、全9編のザックリした、感想でした。
    そして、エピローグはプロローグと呼応し、ちょっとオドロな感じなのだが、9編目のラストの余韻を、逆に、醒ましてしまってんじゃないかな?なくても良かったような……。

  • 透明女はグロかった。透明女には悪気はなかったんだろうけど…。
    攫われてはなかなかの怖さだった。てっきり"僕"は犯人だと思ったけど、読み返してみると馨のようにも思えるし…どっちなんだろ。
    十番星はきいきいきい。
    造られしものはSFだけど衝撃のラストだった。本人は知らずに死ねたけど…。
    悪魔の不在証明もなかなかよかった。文筆家の話は真実なのかどうか。。

  • 痛くて気持ち悪い、怖い、ゾクゾクする、気持ち悪い、痛い痛い痛い。でもどんでん返しにゾワッとして、それが面白くて、こんなに面白いけれど、絶対に人には薦められなくて悩ましいね。
    9つの短編集。
    描きおろし作品の「透明女」と「悪魔の不在証明」の終り方の気味悪さは異常。「攫われて」はもう目眩がするくらい怖かった。

    「エヌ氏」が出てきたり、やたらと深呼吸を勧める変な刑事が出てきたり、SF戦隊物が急に始まったりと、変に緩急のある小説だった。

  • ホラー短編集ですが、SFありコミカルな話もありで多彩。グロテスクなものもありますが、不思議と後味は悪くない。
    初めの「透明女」が恐ろしくえげつないなと思えば、次の「ホロ」が綺麗なSFでびっくり。
    「攫われて」は痛そうで読むのが辛かった。
    後半四編「SRP」「十番星」「造られしもの」「悪魔の不在証明」はどれもお気に入り。

    「SRP」
    妖怪SF。稲生物怪録に科学特捜隊というすごい組み合わせ。楽しい。
    「十番星」
    ベタベタなホラーSF。少年向け古典SFホラーっぽさがよく出てて懐かしい気分になる。
    「造られしもの」
    ロボットSF。これも古典的ロボットSFの名作を意識している感がありますね。哀愁漂う。
    「悪魔の不在証明」
    小さな村に現れた宗教家と神の存在を議論するうちにとんでもない結末に。狂気だ。

  • 臓物が語る物語。

    痛かったり怖かったりグロかったり
    と色々な短編詰め込みで面白かった。

    『攫われて』が辛かったのと
    『悪魔の不在証明』が面白かった。

  • 短編集。狂人大集合!「SRP」がB級臭がすごく気に入った。「造られしもの」は泣ける。「攫われて」物理的に痛い感覚になる。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年京都府生まれ。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門を受賞。『アリス殺し』で啓文堂文芸書大賞受賞。その他の著書に『人獣細工』『肉食屋敷』『家に棲むもの』『脳髄工場』『忌憶』『臓物大博覧会』『人造救世主』など多数。

「2016年 『失われた過去と未来の犯罪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)のその他の作品

小林泰三の作品

臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする