新刊めったくたガイド大全 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043471027

作品紹介・あらすじ

「本の雑誌」一九七九年二月号より一九九四年一二月号にて、読書界の信頼、人気ともにナンバーワンを誇る評論家・北上次郎が読んで読んで読みまくった名書評が遂に文庫に。名もない本、忘れられた本…、厖大な本の山から、埋もれた傑作が今甦る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北上次郎氏のガイドブックは相変わらず純口語体で、何よりもそれが裏腹のなさを示しており、結構好感が持てる。

    前回の『余計者文学の系譜』の時よりは『本の雑誌』書評の編集本ということもあり、作品の選択が一般的で愉しめた。

    ただやはり書評家としてよりも一読者としての好みが全面に出ているきらいがあり、そこがいやに目に付く(まぁ、それが書評家北上氏の個性とも云えるのだが…)。
    また全体的にのめり込んだ本についての書評が長く、1つのコラムのバランスが非常に悪い。これならいっそ1冊に絞り込んで徹底的に評したらいいと思うのだが。

    惜しむらくはこの本を読んで触手の伸びる新たな本が見つからなかったこと。
    でも自分の関心の高い作品についての感想を読むのはやはり愉しい。

  • たまには古本屋を隅から隅まで眺めるものだ。このような貴重な本と出逢える喜びがたまにある。

    『本の雑誌』に連載の北上次郎の人気コラムの大全である。リアルタイムで読んでいた時期もあり、懐かしい。また、こうして、まとめて読むと、如何にこのコラムに頼って、本を選んでいたかに気付く。新人からベテラン作家まで、分け隔てなく、兎に角面白い本を紹介する、このコラムは大好きだな。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4043471025
    ── 北上 次郎《新刊めったくたガイド大全 199506.. 本の雑誌社 200004.. 角川文庫》
     
    ── 1983年の9月に北上次郎は「読み出したらやめられなくなった」
    と鍋島一緋の『一号室のないホテル』に関して書いている。知らない作
    家だが、恐らく文庫にも新書にもなっていないだろうと思う。古書店で
    見つけることもほぼ不可能。たとえ読みたいと思っても、探し出すのは
    難しい。ネットの古書店で検索すれば見つかるかも知れないが、そこま
    でして求める気にもなれない。(単行本の寿命は短い 20010530)
    http://homepage1.nifty.com/midnightsapporo/zatu/book/bookp/bookp1/bookp/bookp08/bookp08.html
     

  • 2001年9月19日購入。

  • 2008/1/25読了

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。東京都出身。明治大学文学部卒。エッセイスト、文芸評論家、編集者。本名:目黒考二(めぐろ こうじ)。ジャンルごとに異なるペンネームを使用。私小説の目黒考二、ミステリー文学評論家の北上次郎、競馬評論家の藤代三郎(ふじしろ さぶろう)など。2000年まで「本の雑誌」の発行人を務める。 2011年「椎名誠 旅する文学館」の初代名誉館長に就任。主な著書に『書評稼業四十年』『冒険小説論』『息子たちよ』『余計者の系譜』『エンターテインメント作家ファイル108 国内編』『感情の法則』『記憶の放物線』などがある。

「2021年 『阿佐田哲也はこう読め!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北上次郎の作品

ツイートする
×