弟切草 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.91
  • (9)
  • (34)
  • (205)
  • (47)
  • (16)
本棚登録 : 569
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043475018

作品紹介・あらすじ

弟切草…その花言葉は『復讐』。ゲームデザイナーの公平は、恋人奈美とのドライブで山中、事故に遭う。二人がやっとたどり着いたのは、弟切草が咲き乱れる洋館だった。「まるで俺が創ったゲームそのものだ!」愕然とする公平。そして、それは惨劇の幕開けだった…。PlayStation版話題のゲームを乱歩賞作家の原作者がオリジナル小説化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高校生の頃、映画を観に行きました。主題歌をYELLOW MONKEYが歌っていたので。当時好きだったひとと行ったので、映画の内容なんて覚えていません。奥菜恵が出ていた。
    そんな甘酸っぱい(?)思い出と共に、読んでみます。

    カバーの略歴を見て、すごいひとなんだなあと驚く。もうおじいちゃんなんじゃない?特捜最前線とか。
    文章の端々におじいちゃんぽさがあって和むものの、無理なくその光景が浮かぶ巧みな表現で、いいホラーだったと思います。端的に言えば怖かった。
    終盤までサスペンスなのかオカルトなのか判らないところが、また恐怖を煽る。個人的にはサスペンス落ちが良かったんですけども。大オチにかかりますが少し前にイソラを読んだので。

    ゲームもしてみたいなあ!あと、映画もちゃんと観返したい。

  • 一時期ゲームにはまったので読んでみました。うまいつくりですね。単純なゲームのノベライズじゃないところがいいです。

  • ゲームコミックって、ゲームのサイドストーリーか、同じストーリーをなぞるだけの物しか知らないので、この本も借りた最初は「まぁこのゲームしたこと無いし、楽しめるかな」程度の気持で読み始めました。
    が、読んでみると、このゲームの制作者が主人公の全く別枠のお話。メタ表現満載でとても面白かったです。ホラーにしては、ちょっと表現が軽い気もするんだけれど、ゲームシナリオを作ってる人だけあって映像とかキャラクタがイメージしやすい。読みやすい楽しい本でした。娯楽って感じ。

    ただし、やや大人向けな表現があってびっくり。びっくりです。
    個人的には、「このゲーム欲しいなぁ」と思いました。

  • 表現力があってかなり怖かったです。
    他のホラー小説と比べて、
    体の芯から冷え切るような怖さがありました。
    また、登場人物の心理描写が丁寧に描かれていて、
    ただ怖いだけじゃなく、深い話に繋がっていくところが魅力で、
    ホラー小説の中ではかなりおすすめです。

  • 主体が移り変わるのがちょっと新鮮。が、ストーリー展開はゲーム的な感じで謎解きというほどのこともない。それでもホラー的な要素があればと思うが、そういうものを期待するとガッカリするかも。

  • ◆ネタバレがありますのでご注意ください


    一気に読んだが、なんというか会話や表現が安っぽいマンガチックでホラーとしてはイマひとつかな。前半はいろいろと恐さのギミックもあるが、なんとなくゲームっぽい。というかそもそもナオミが仕掛けたものなのでゲームっぽくていいのだが。ナオミが奈美の二重人格かと思ったらそうではなく、さらには耀一郎が二重人格だったなどどんでん返しの連続(そもそももととなったゲームがそういう仕掛けらしい)は悪くない。奈美の中のナオミが記憶を刷り込んで精神を崩壊させようとして云々(実はそうではないのだが)のあたりはけっこう説得力があって怖い。でも「ばらもん」がナオミから出た途端に彼女がまともになったり、さんざん伏線を張っておいた弟がいきなり助けにくるというのは取ってつけたようでなんだかなあ…。ラストのDNA鑑定の結果は「いつもより十三分早く」とわざわざ不自然な数字を持ってくるあたりがいかにも(笑)。公平と奈美の一人称が交互に入れ替わって描写されていくところに何か仕掛けがあるのかと思ったが深読みしすぎだった。

  • 2018年7月14日読了。嵐の夜に公平・奈美のカップルが迷い込んだ、公平の手がけたゲーム「弟切草」そっくりな洋館。そこで起きる怪奇現象の数々…。空港に向かう途中の電車・バスで読了。原作のゲームは私もだいぶやった(ピンクしおりまでは至らなかったが)こともあり懐かしく読んだが、ホラー・ミステリ小説としては相当イマイチ…。ゲームをやったことのない人が読んでも「怪魚」とかいって分かるのかな?数々の怪現象・引っ張り続ける謎に最終的には答えが出るのだが、謎掛けのための謎のような感じでどうにも必然性・納得感に欠ける印象。時折出てくるオヤジギャグも「弟切草」の世界観に沿った結果、とも思うが場違いに感じる。まあ、期待しないで読んだわけだからいいのだが。

  • コメントあり

  • つ…つまらん…先が読めちゃう二重人格物語。Anotherの方が同じ二重人格ネタでもまだよかったかなー。とりあえず説明不足の点がいくつもあるし、収拾不可能なら書くな、と思ってしまう。

  • 怖くない。ホラーじゃないし、これは面白くない。

全77件中 1 - 10件を表示

長坂秀佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×