お受験 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043482016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 矢沢永吉の顔が浮かんできて物語にまっすぐに入って行けなかった。一人娘の真結美がお受験に真剣に取り組むきっかけが微笑ましい。

  • 頭を使わずすぐ読みきれる小説、という基準で選んだ本書。希望通りの本でしたが不覚にも終盤では涙が。。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一色伸幸(いっしき・のぶゆき)
1960年東京都生まれ。脚本家、小説家。
1980年前半から『宇宙船サジタリウス』『私をスキーに連れてって』をはじめ『七人のおたく』『波の数だけ抱きしめて』などアニメ、映画、ドラマと幅広い分野で次々とヒット作を生み出す。
『僕らはみんな生きている』『病院へ行こう』は日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。
多忙を極める中、うつ病を患い仕事を中断。無気力と自殺願望に苦しむ毎日を送るが、2年間の療養生活を経て復帰する。

2004年の連続ドラマ『彼女が死んじゃった。』(日本テレビ)や、2007年のエッセイ『うつから帰って参りました』(アスコム)、後にドラマ化、舞台化された小説『配達されたい私たち』(小学館、後に角川書店から文庫化)でうつ病患者の心情を表現するなど、復帰後は人の内面に深く入り込んだ作風で高い評価を受ける。

NHK特集ドラマ『ラジオ』は、2013年に文化庁芸術祭大賞、ギャラクシー賞優秀賞、シカゴ国際映画祭テレビ賞金賞、菊島隆三賞など数多くの賞を受賞。2014年には国際エミー賞にもノミネートされた。

「2018年 『感動コミックエッセイ さよなら、うつ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一色伸幸の作品

ツイートする
×