大奥―華の乱 (角川文庫)

  • 角川書店
3.77
  • (11)
  • (5)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043484058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どろどろした展開が何とも言えません。
    でも、このくらいのほうがかえって
    すきかもしれません。

  • 2005年にフジテレビで放送されたドラマのノベライズです。五代将軍徳川綱吉をめぐる大奥の女たちのバトルをえがいています。ドラマは見ていなかったので内容を知らずに読みました。女たちのドロドロのバトルは見ていて楽しいですが要所要所で切ない女心を描いた部分があり泣けました。悪者と思われている人にも実は様々な事情があり、一概に悪いと責めることはできないことを思い出させてくれます。非常に人間の内面の深部を描写している作品でした。ドラマも見たくなりました。

  • 生類憐みの令の綱吉の時代
    側室同士の争いがすさまじい

    大奥についてもっと勉強したいな。

  • 徳川綱吉さん時代の大奥の話。
    やっぱりすごいドロドロしてます。
    でも読みやすくて面白かった。

    DVD見たくなった!!

  • むずかしいことなーんにもないので、さくっと半日で読めます。どろどろなんだけど軽い本です。

  • 華やかさピカイチ!の座に輝く大奥第三弾。脚本とどろどろと主役はいまいちだったけれど、小池栄子(側室お伝)の迫力と藤原紀香(正室信子)の演技力はすごくよかったです。

全7件中 1 - 7件を表示

大奥―華の乱 (角川文庫)のその他の作品

大奥―華の乱 単行本 大奥―華の乱 浅野妙子

浅野妙子の作品

ツイートする