影姫 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
1.90
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (10)
本棚登録 : 55
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043487042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 官能小説をもっと取り入れたら良い。

  •  表紙がかわいかったのが理由で読み始めたんですが、、、、びっくりしたよ。中身がこんなエロエロなんて。まぁ確認してから読んだんだけどね。
     読み終わった後におもったのは「この表紙の女性はだれなんだろう」ってことです。女子の登場人物がけっこう特徴あったりするのはわかるんですけどねぇ、、、、ラノベの読みすぎでそこらへんの感覚にぶったかな、、、、

     作品は「影女」という妖怪が軸になってものごとがうごくわけなのですが形がない妖怪です。ですから表紙がだれだか、っていうのはそういう意味。
     けっこうホラーであると脅し方が「死」につながりすぎているかんじがあるのですが、この作品はそんなに「死」のにおいがでていなかったようなきがします。きがついていたら死んです、みたいなかんじ。作品にでてくるこの妖怪、ちゃんと「殺すわよ」なんていってるのにそんなに説得力ありませんでしたね。そういった意味ではだめなのかもしれませんけど、、、、
     本作はけっこう入り込んで読んだんでちょっとだけ怖くなりました。まぁ寝てすぐに恐怖なんてなくなりましたけど。
     えーっと、いまさらなんですがこの作品の主人公にあたるキャラ「真太郎」なんですが、ずっとセックスのこと考えていてすごく気持ち悪かったです。ずっと童貞でてほしかったとかかんがえちゃったりしました。ホラー小説ってけっこうこうゆう憎めやすいキャラが主人公になりますよね。

     自分はたくさんの人に読んでもらい、とか思いました。けれどみなさん全体的に評価がすごく低い。自分はこの作品、けっこう入り込めたんで楽しめましたよ、はい。主人公だけは拒絶しましたけど

  • エロティックホラー。エロの比率がやたら高いけれど。ホラーの面としては、異形のものである「影女」の恐ろしさよりも、あの人の性格のゆがみっぷりが怖かったなあ。えええ、本気でそんなことを思ってるのか!? でもこういう自己中心的自信過剰タイプって実際にいそうなので、それが一番怖い……。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。84年『新作ゴジラ』(ノヴェライズ)でデビュー。多くのゲーム・映像作品のノヴェライズを手がけながらも、怪奇幻想味の強い独特の作品を発表。著書に『バッド・チューニング『ハンマーヘッド』他多数。

「2015年 『ゾンビ・アパート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯野文彦の作品

ツイートする
×