耳袋の怪 (角川ソフィア文庫)

著者 : 根岸鎮衛
制作 : 志村 有弘 
  • 角川書店 (2002年7月発売)
3.42
  • (3)
  • (8)
  • (22)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043490035

耳袋の怪 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.3.23 読了

  • あそこにこういう人がいて、どこそこでこんなことがあった。誰々が語るところを記したものである。
    みたいに殆んど眈々と語られていて、落ちや感想が少ない分、妙に真実味がある。
    今となって有名な昔話となっているものもあり、時代小説の元ネタになったものもあり。

  • 今も昔も不思議が好きな人間

  • 古文で読みたいー古文で読みたいー

    あ、これ知ってる、と思ったものが大抵千葉の民話なのがなんとなく面白い。地元の昔話を幾つか知っていることが、自分の人間性に奥行きを持たせてくれるような気さえします。気のせいなんでしょうけど、ふしぎ。

  • 根岸鎮衛の著した江戸時代の不思議話。
    主に怪奇話をピックアップしたダイジェスト版。
    落ちがない話があるのが妙にリアルです。

  • 江戸時代中期〜末期の奉行職にあった根岸鎮衛(やすもり)が聞き集めた怪談奇談集。嘘か真かさだかではないが、見た聞いたという本人から、またはその知人から聞き集めたさまざまな不思議な話は、まだ異界との接点が濃かった時代を表し興味深い。また武士である根岸がこうした話を好み集めた事も面白い。

  • 2004年6月8日

全7件中 1 - 7件を表示

耳袋の怪 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

根岸鎮衛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする