江戸怪奇草紙 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043490059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「牡丹灯篭」を筆頭に、江戸時代(一部近代)の怪談話を4編紹介しています。
    とにかく手ごろ!これにつきます。
    四谷怪談などに興味ある方は是非是非。

  • 『稲生物怪録』が読みたくて読んでみました。
    牡丹灯籠、累、一軒家の怪、青火の霊、稲生物怪録の5話が収録されています。
    牡丹灯籠以外は知らない話でしたので楽しめました。

  • ご存じ「怪談 牡丹灯籠」から「妖怪談 稲生物怪録」まで。「日本人は概して怪奇譚を好む性質を有している。」とあるけれど、そうだとすれば、私も立派な日本人だ。かなり読み易い現代語訳。読み易すぎて、些か「怖さ」が減じた感はあるけれど。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

文芸評論家・相模女子大学名誉教授・日本文藝家協会会員・日本ペンクラブ会員。北海道生まれ。
主要著書に『平家物語の旅』『応仁記』『川角太閤記』『賤ヶ嶽合戦記』『陰陽師安倍晴明』、監修に『日本説話伝説大事典』『姓氏家系歴史伝説大事典』『福岡県文学事典』『戦国残照 お江とその時代』『坂本龍馬事典』『合戦騒動事典』『日本ミステリアス妖怪・怪奇・妖人事典』(以上、勉誠出版)など。

「2017年 『西郷隆盛事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江戸怪奇草紙 (角川文庫)のその他の作品

志村有弘の作品

ツイートする