そして、またひとり… (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043492015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ただただ日常に起こる災厄を書き連ねるのみ
    ここまでひどい小説は初めて

  • ・・・・・もう!!

  • なんじゃこりゃ。
    これぞ本当のやおい=ヤマなし・オチなし・イミなし小説。

    最終的解決が明示されないことは事前に聞いており、それなりに覚悟して読んだ。
    (投げっぱなしを恥じることなく、堂々とむしろ開き直ったような記述には恐れ入ったが)
    しかしそれ以前の問題として、場面転換すらまともにできていない文章に閉口。いつ・どこで・誰が何をしているのかさえ、ろくにわかりやしない。
    安手のスプラッター・ホラー映画を小説でやりました、という感じ。脈絡も何もなく、ただショッキングな殺戮シーンを詰め込んだだけ。
    表題作のみで1冊かと思いきや、短編が併録されていたのだが、それを読む気力は残っていなかった。

    2011/9/6読了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(こうもり・いくや)
作家、株式会社ダイナミックプロダクション出版企画部部長。
1961年兵庫県生まれ。関西大学商学部卒業。
1989年株式会社ダイナミックプロダクションに入社。1992年『げんまん』(野性時代/角川書店)で作家デビュー。数多くのコミック著作権関連訴訟の陣頭に立つ。現在、専修大学文学部で日本文化研究の講座を担当。
著書に『そして、またひとり…』『あなたの待つ場所』(角川書店)、『パソコンOL養成講座』(扶桑社)、『ゼウス』(徳間書店)、『日語読本試行版 好朋友』1~5(大連教育学院)、『マンガ大戦争』(講談社)ほか。
日本マンガ学会、著作権法学会会員。

「2012年 『ゼロの肖像 「トキワ荘」から生まれたアニメ会社の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸森軍也の作品

ツイートする
×