アナザヘヴン〈下〉 (角川ホラー文庫)

  • 角川書店
3.36
  • (46)
  • (63)
  • (194)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 739
感想 : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043493029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真の主人公はイケメン君でヒロインはケバ子さんだ。非日常感、残酷な描写をエンタテインメントとして楽しめました。

  • 上巻はの評価は、限りなく★1つに近い、★2つだったけど、下巻は★3つくらいでもいいと思った。
    登場人物のおちゃらけ感は相変わらずなんだけど、それに慣れたせいもあるのか?
    上巻のストーリは面白いのに読んでいるとだんだんシラケてくるというのは、少なくともなかった。

    日本のコンテンツ(当時はそういう言い方はしなかったが)の妙につまらないところは、ホラーや怪獣映画に「愛」みたいな要素を入れちゃって、はっちゃけられないところだと思うんだけど、これはそれが逆によかった。
    とにかく、ラストでの朝子のいじらしさとシャケ弁に救われる(爆)

  • アナザヘブン 下巻
    脳を取り出し、料理して食べるという、猟奇殺人が発生し、
    犯人を追っていた、飛高と早瀬のコンビ。
    人間を乗っ取り寿命が来ると乗り換えるを繰り返す、
    得体のしれない存在に翻弄され、その果てに犯人を追い詰める・・・。

    レビューの前に、忘れてるので映画のDVDを鑑賞。
    映画との違いを確かめたところ、
    映画だけを観ていたころと小説を読んだ後の映画では、
    だいぶ違いが顕著に出ていた。
    どちらが良いというより、映画は時間に制約もあるし、
    展開など、色々と違う部分があるのは仕方ない。
    始まりと結末 大まかな部分が同じなことは救いか、
    そのためため映像化してがっかりってことにはならなかった。

    小説は、制約なんてないですから、
    だいぶいろんな出来事があり、ヒロインの行動や
    コンビの勘違いなど、さまざまなエピーソドが盛りだくさんで
    映画の補填というよりは、小説は同じであって別物として
    楽しめました。
    ボリュームが段違いと言いますか、
    上下巻ともに、400ページ越え。
    解説が、ミステリー好きなら避けては通れないかもしれない、
    館シリーズでおなじみ、綾辻行人さんってこともすごいですね。
    飯田譲治さんとは麻雀つながりのようです(笑)
    映画にもちょろっと出てるんだよね。

  • 面白かった

  • 過去の既読本

  • めちゃめちゃ面白かった!!
    こんなにワクワク、ハラハラ、ドキドキして本の世界にのめり込んだのは久々!

    しかも、朝子が愛おし過ぎる!!
    めっちゃ好きなキャラ!
    学も、飛鷹ももちろんいいけどね〜♪

    サイコ、最高〜〜!!!w

  • 105円購入2002-01-22

  • ◆ネタばれがありますのでご注意ください


    上巻の途中で、「向こう側のモノ」による犯罪であることがほのめかされていて嫌な予感がしたが、やはり的中してしまった。物語導入の「マッドクック」のショッキングな描写は強烈で思わずげんなりするほどだったが、後半になるにつれてだんだん緊張感も失われていってしまった。「ナニカ」の正体がミズ(=涙ということをいいたかったのか?)というのもなんだかなーという感じだし、そのミズとの最後の戦いの描写などはまるでB級アニメみたいである。唯一よかったのは朝子のキャラクターか。早瀬が朝子のために全てを捨てるところはよかったのだが、ナニカの力を失わせたのが愛だというところもあからさまに描かれてしまうとちょっと興冷めである。映画のスポットをみたときはもう少し面白そうだったんだけどな。やはり「ドグラマグラ」のような世界観を大きくひっくり返すような作品ってないんだろうか?

  • 犯人の正体は象徴的な感じで終わるんだろうなあと予想がつきながら、ワンパターンの連続殺人なので下巻は少し中だるみ。ナニカも人間に感化されるので恐怖が薄まりますね。スピリチュアルだね。
    飛鷹さんの猪突猛進ぶりがだんだんツボに入って面白かったです。

  • うーん、そうか、そう来たか。
    ナニカの正体もなんだか消化不良だったが、あれほどまでの執着をあの二人に見せる理由もなんだかよく理解できなかった。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

飯田 譲治(いいだ じょうじ)
1959年長野県生まれ。1986年、16ミリ作品「キクロプス」で監督デビュー。1992~1993年、フジテレビ深夜連続ドラマ「NIGHT HEAD」で原作、脚本、監督を担当。このドラマの大ヒットによって制作された劇場版の原作、脚本、監督を務めた。
脚本作品には、1995年「沙粧妙子 最後の事件」(CX)、1997年「ギフト」(CX)、飯田譲治映画作品には、1998年「らせん」、2000年「アナザヘヴン」、2003年「ドラゴンヘッド」、テレビ作品には、「幻想ミッドナイト」(テレビ朝日)、「アナザヘヴンエクリプス」(テレビ朝日)など。
著作(梓河人との共著)に、「アナザヘヴン」「アナザヘヴン2」「アナン、」「盗作」他。

「2021年 『NIGHT HEAD 2041(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯田譲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×