ギフト (角川ホラー文庫)

  • 角川書店
3.49
  • (9)
  • (18)
  • (40)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 170
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043493036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハイスペックな人々のお話
    感情移入はもちろん出来ず読み物として割り切ってみても面白かった!とは言えない作品でした...
    運び屋の設定も最後の感動的演出の為に無理矢理こじつけた感が否めず
    周りがハイスペック過ぎる故にそーゆー世界観で読もうと思うと会社経営、占い師、警官等、一人一人の個性はあっても現実味があり過ぎて
    どっちつかずの心のまま結局読み終えてしまいました。
    特に心に響く名言や教訓もなかったです(´•ω•`)

  • 小説の内容は無論講談社文庫版と同じだが、梓河人の文庫版あとがきと、カトリーヌあやこの解説(漫画)がある。この漫画で解説は必見。

  • ものすごく高スペックの人間の話っていうのはジャンルが何でもわくわくしてくる.

  • ドラマ化してたけど覚えてる人いるんだろうか・・・。
    ドラマは木村拓哉が話題だったけど原作は普通にいい話。
    ホラー小説ではないような。

  • 記憶喪失の主人公が「届け屋」をやりながら過去を探していく物語。
    話がどんどん展開していって面白かった。
    心理描写や情景描写ばっかりでちっとも話が前に進まない小説よりこういうタイプの方が好き。

  • 記憶喪失の主人公。まあなんてことないストーリー。主人公をとりまく連中は魅力的。なんとなく読めてしまう。ほっとしてホンワカするラスト。

  • 主人公のキャラに合わせて文体が軽いのが鼻につきます。
    でも、記憶喪失の主人公が最後に一番大事なことを思い出すという設定は、ベタながらも感動的です。

  • とりあえず、ギフトを懇々と読んでいたんですが・・・・もう、色々な意味で言葉になりませんね。
    このお二人が出す作品、気分屋。凄く好きなようです。
    なんか、読んでるうちに、頭を後ろから殴られるような衝撃さえ覚えます。
    (大げさに言うと・・・・です)

    でも、相変わらず人間模様面白いです。
    ドライな関係であったはずなのに、いつの間にか一つの繋がりを持った関係になっていた。
    いいですよね、それって。


    過去の自分、記憶喪失の自分、そして、現在の自分
    それらを全て混ぜ合わせて、一つの形が出来上がる

    それが、自分へのギフト

    良いですよね、ほんとに。
    最高のギフトだなって思いながら、一気に読み進めました。
    アナザヘヴンとは違った意味でも、魂の繋がりですね。

  • 20080202
    2日間

  • キムタクが全裸でクローゼットのアレです。なかなか人間味溢れるお話でした。好きです。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

飯田 譲治(いいだ じょうじ)
1959年長野県生まれ。1986年、16ミリ作品「キクロプス」で監督デビュー。1992~1993年、フジテレビ深夜連続ドラマ「NIGHT HEAD」で原作、脚本、監督を担当。このドラマの大ヒットによって制作された劇場版の原作、脚本、監督を務めた。
脚本作品には、1995年「沙粧妙子 最後の事件」(CX)、1997年「ギフト」(CX)、飯田譲治映画作品には、1998年「らせん」、2000年「アナザヘヴン」、2003年「ドラゴンヘッド」、テレビ作品には、「幻想ミッドナイト」(テレビ朝日)、「アナザヘヴンエクリプス」(テレビ朝日)など。
著作(梓河人との共著)に、「アナザヘヴン」「アナザヘヴン2」「アナン、」「盗作」他。

「2021年 『NIGHT HEAD 2041(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯田譲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×