NIGHT HEAD 邂逅 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.37
  • (10)
  • (12)
  • (53)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043493050

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】サイコキネシス能力を持つ兄・直人とリーディング能力を備えた弟・直也は、隔離されていた超能力研究所から外の世界へと脱出した。しかし、彼らは運命の歯車の中に放り出されてしまったのだ。平成のノストラダムスと呼ばれる神谷司は人類の滅亡に霧原兄弟がかかわると予言した。同じ頃、直也も人類滅亡のビジョンを見てしまう。その人類存亡のかぎを握る、“倉橋加奈子”を訪ね、二人はライブ製薬東京研究所にのりこむが…。サイキック・ホラーの金字塔「NIGHT HEAD」ホラー文庫版第二弾。

  • 何度か文庫化されていますが、あたしはこの表紙が一番気に入っています。
    「普通」という曖昧な定義からはじき出された霧原兄弟の軌跡を追った物語。

  • NIGHT HEADシリーズは全て好きでした。超能力が使える兄弟のお話。

  • 昔深夜ドラマでやっていた。
    文庫コーナーを見ていたら見覚えのあるタイトルだったので手にとった。
    その時はお金があったのでちょっと迷ったが買った。
    全3巻のうちの2册は買って、もう1冊は図書館で借りた。
    超能力研究所から逃げ出した兄弟の話。
    兄はサイコキネシス、弟はサイコメトリーの能力を持っている。
    おもしろいにはおもしろいんだが弟が女々しすぎる。
    ドラマの方はどうなのかと思ってビデオも借りたが深夜放送だけあってちょっと…
    結局全部は借りず途中で挫折。

  • 超能力…って…といろいろ考えさせられるお話。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

飯田 譲治(いいだ じょうじ)
1959年長野県生まれ。1986年、16ミリ作品「キクロプス」で監督デビュー。1992~1993年、フジテレビ深夜連続ドラマ「NIGHT HEAD」で原作、脚本、監督を担当。このドラマの大ヒットによって制作された劇場版の原作、脚本、監督を務めた。
脚本作品には、1995年「沙粧妙子 最後の事件」(CX)、1997年「ギフト」(CX)、飯田譲治映画作品には、1998年「らせん」、2000年「アナザヘヴン」、2003年「ドラゴンヘッド」、テレビ作品には、「幻想ミッドナイト」(テレビ朝日)、「アナザヘヴンエクリプス」(テレビ朝日)など。
著作(梓河人との共著)に、「アナザヘヴン」「アナザヘヴン2」「アナン、」「盗作」他。

「2021年 『NIGHT HEAD 2041(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯田譲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×