アナザヘヴン2〈VOL.1〉 (角川ホラー文庫)

制作 : ライトパブリシテイ 
  • 角川書店 (2003年11月10日発売)
3.24
  • (14)
  • (20)
  • (79)
  • (10)
  • (4)
  • 251人登録
  • 22レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043493104

アナザヘヴン2〈VOL.1〉 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マッドクックの事件から半年後の話。
    早瀬や飛鷹のその後が描かれている。前回ような序盤の衝撃はなかったが、今回の事件も謎が多く、先が気になる。

  • マッドクックの事件から半年後のお話。
    話は主人公であり、熱血派停職中刑事吾郎・飛鷹・早瀬を中心に登場人物にスポットを当てる感じで進んでいく。

    飛鷹は家族で田舎に引っ込み隠居生活を送り、早瀬はお告げのように夢で見た南イタリアを放浪。

    三者で全く接点のないような行動をしているけどどうつながっていくのか楽しみです

  • 前作のことをすっかり忘れてしまっています。
    美形多く出演。

  • 前作を10年前くらいに読んでて続きが出てるのを発見。面白い。
    けどなんか記憶にあるなと思ったら昔ドラマで観たのと同じ内容だった。
    またドラマを観たくなった。大沢たかおですよね。

  • まるで幕の内弁当のように何でも入って内容で
    少し大味な感は否めないけれど、、

  • ふと、買ってしまった。

    (『1』を読んだのは高校生の時に人に勧められて、だったのだけど意外と覚えているものだな…)

    『2』しかも、4巻まである!
    …というところに警戒して、ひとまず1巻だけ買ってみた。で、読んでみた。

    期待値が低かった分だけ、特に可もなく・不可もなく、といったところ。話が突拍子もなさすぎて、といった印象かも。

    ただ、『マッドクック事件も予兆に過ぎない(紹介文)』と書く落としどころがどこまでいくのか、気になる。

  • まあまあ

  • たぶん初読。買ったのはずいぶん昔だけど、どうやら読んでなかったみたいです。
    アナザヘブンを読み終えたその勢いで2に入りました。
    3つの視点から語られる物語。まだ敵が定かではないのであれですが、面白いです。
    ってか、飛鷹の話が好き。おもしろいなぁ。
    早瀬の話は突飛過ぎてちょっとついていけないかも。えらいところでえらいことになってますねー(笑)
    そしてニューフェイスの悟郎。なんか、飛鷹と早瀬を足して二で割ったようなタイプなのかな? ニューヒーローとしてはかなりいい感じです。
    個人的には黒川がめっちゃ気になるけどね! 
    まだまだ先が続くので、楽しみですっ。

  • 【再読】

  • 1より2が好き。テレビドラマの影響が色濃く出ているから、読んでるとバンバン頭の中で場面が想像できて、すごくスピーディーに読めた。
    学より五郎のがすき。

全22件中 1 - 10件を表示

飯田譲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
奥田 英朗
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

アナザヘヴン2〈VOL.1〉 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする