別れの十二か月 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.83
  • (2)
  • (2)
  • (19)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043497027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8/2 読了。みんなの評価ほどじゃないかなあ。

  • ほとんど忘れてしまったのですけど、主人公の彼氏の家族が揃いも揃って下品極まる話と、ノリノリでSMごっこしてたのにあるときやり方を誤ってあっさり捨てられる男性の話は強烈に覚えています。後者の話はある意味教訓になりました。

  • さくさく読みやすいものの
    いまいちこれって残るものはないかなー。

    ファッション雑誌に載ってるような
    短編小説を読んでいるイメージ。

  • 再読。久しぶりに読んだら思ってたよりいまいちだった。

  • 愛人の掟で嵌った作家さんです

    珠玉の短編集、全て別れがテーマですが読後が爽やかです

  • 八月 君がいた夏


    これは あきらかに ミスチルの盗作では???(笑)
    その歌をテーマに書かれたのか??と疑うほどでしたから
    最後のあとがきやら なんやら 探しましたが
    そんな説明書きは 一切なし???
    ミスチルFANは 怒ると思う作品でしたね。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

梅田みか(うめだみか)
作家・脚本家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。小説、エッセイのほか、人気テレビドラマの脚本を多く手掛けている。幼少期より橘バレヱ学校にてクラシックバレエを習う。小説『海と真珠』(ハルキ文庫)はその経験が生かされた本格的バレエ小説。バレエのほか、フィギュアスケートにも造詣が深い。

「2018年 『エトワール! 4 白雪姫と小人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

別れの十二か月 (角川文庫)のその他の作品

別れの十二か月 単行本 別れの十二か月 梅田みか

梅田みかの作品

ツイートする