ワルのぽけっと (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.54
  • (11)
  • (28)
  • (50)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 202
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043520053

作品紹介・あらすじ

デパートで万引きを繰り返し、学校では毎日乱暴ばかりで、「手に負えないワル」という烙印を押されているセイゾウたち六年生八人組。彼らの行動の裏に隠された本当の理由とは?愛すべきワルたちの誇り高き日常を描き、爽やかな感動をよぶ名作『ワルのぽけっと』をはじめ、学校や家庭での子どもたちの姿をみずみずしく写し取った全5編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近、授業力、統率力に傾倒していた教師観が揺さぶられる一冊。古き良き時代、今同じことをやれば、時代錯誤なのだろうが、やはり子どもと対等に立てる教師には憧れる。子どもにとって、力がつくか否かは多分、あまり問題ではないんだろうな。潤沢な思い出が、幼少時代を彩ることは、本当に貴重なことだろう。それを大人の視点で変えようとして、今の教育があるんだろう。どちらが本当の幸せの形なのだろうか。価値観が、移ろい行く。

  • 灰谷さんの作品、20年ぶりくらいに読みました。先生と子供の心がくっついていて、優しい気持ちになりました。小学校の教師をしているkさん思い出しました。

  • 2012.05.12. 本当に疲れていて、久しぶりに読みたくなって。素直な子どもに戻りたいです。

  • 小学生の頃読んで、今でも心に残っています。

    人をしんじて生きていこうと思いました。

  • 短篇集なのだが、灰谷さんの短篇集どれもいいんだけど、今回はすべての短篇にはっとさせられた。もの凄く鋭い『ワルのぽけっと』から、例によって風の子保育園の『いくちゃんというともだち』まで、本当にどっきりさせられる視線の鋭さ。灰谷さんの眼はつよい。ファンなら誰でも知っていることだが、それでいてもの凄くやさしい……。今までと順位が変わった。灰谷さんの小説は、1位太陽の子、2位ワルのぽけっと、3位少女の器、で決まりですね。(個人的には、ですが。)それと、『ブゥ一等あげます』が、好きです。


    こんな感想しか書けませんでした。
    いつか作家になることを夢見ている者としては、すごく悔しいのですが、(言い訳でなく、)人間、感動するとなにも言えないものですね。それを言わなければならないのが作家という職業でしょうが……。
    そういえば、私が作家になりたいと初めて思ったのも、灰谷さんの影響です。小4の頃、いじめを受けていた頃ですから私の16年程の人生で一番つらい時期でした。灰谷さんに救われました。

  • (メモ:高等部2年のときに読了。)

  • 30代後半には戻りたくもない、「剥き出しの昭和」。ノスタルジーとか何丁目かの夕日とかそんな甘さは微塵もない。

  • ‘いいわけする奴は 人間のカスや’

  • 子供って面白いんだ。

全11件中 1 - 10件を表示

ワルのぽけっと (角川文庫)のその他の作品

ワルのぽけっと (角川文庫) Kindle版 ワルのぽけっと (角川文庫) 灰谷健次郎

灰谷健次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする