とんぼがえりで日がくれて (角川文庫)

著者 : 灰谷健次郎
  • 角川書店 (1998年6月発売)
3.31
  • (3)
  • (7)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
  • 52人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043520121

とんぼがえりで日がくれて (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 灰谷健次郎さん。初読み。

    古本屋さんでなんとなく気になって手に。

    短編集。
    幼稚園や保育園に通う子供たちと、その周りの大人たちとの日常のお話し。

    ひたすら優しいお話でした。
    読んでてあったかくなります。

    自分の子供にもこんなふうに育ってほしいと願わずにはいられない。
    なんて、まずは自分がこの気持ちを忘れないようにしなければ(笑)

    スリルや興奮はないけれど、たまにはこんなのもいい。

  • こういう目線で子どもを見ることができる時に、幼児を育ててみたかったなあ。
    そんな余裕なかったから。

  •  短編が9つ
    幼稚園や保育所の子どもたちが主人公となって、ひびの行動を表現している。 泣き・笑い・怒り・淋しさなどが、大きな自然と向かい合った感となってがせまってくる。

  • どこにでもいる、まだまだ小さい子どもと子どもたちを見守る大人の話。クマさんの話が一番好きです。灰谷さんの本は、読むと心がほっこりします。そして、いつも背中がしゃんとなります。

  • 子供の仕草がかわいい。
    読んでて和む。

全6件中 1 - 6件を表示

とんぼがえりで日がくれて (角川文庫)のその他の作品

灰谷健次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

とんぼがえりで日がくれて (角川文庫)はこんな本です

ツイートする