海の図〈上〉彷徨の海 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.69
  • (9)
  • (14)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043520138

作品紹介・あらすじ

瀬戸内海に浮かぶ島で暮らす少年・壮吉は、二か月前から登校を拒否し、亡き父の生前の仕事を調べはじめた。父は、どうして家業であった漁師をやめ、電力会社の仕事を始めたのか?誰よりも島の自然を愛していたはずの父が、自然破壊をもたらす工事に加担したのは何故なのか?東京から来た姉妹・秀世と陽子、トランペット吹きの史麻さん、同級生たち、担任の島尾先生など、様々な人たちとの関わりの中で、今、壮吉は大きく変わろうとしている-。自分自身の生きる道を厳しく見つめて成長する少年の姿を描く長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  思春期です2。20年も昔なのに、今の状況と同じようにしか思えないのがすごい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

灰谷 健次郎(はいたに けんじろう)
1934年10月31日 - 2006年11月23日
兵庫県神戸市生まれの児童文学作家。定時制高校商業科を卒業。大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学部卒業後、小学校教師に。そのかたわら、児童詩誌『きりん』の編集に関わる。
短編小説「笑いの影」が問題となり、事件身内の不幸が重なったことを契機に1971年小学校教師を退職、沖縄・アジア各地を放浪。1974年『兎の眼』で児童小説デビュー。その他代表作に『太陽の子』『ろくべえまってろよ』、テレビドラマ化された『天の瞳』などがある。

海の図〈上〉彷徨の海 (角川文庫)のその他の作品

灰谷健次郎の作品

ツイートする