夢魘祓い ――錆域の少女 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.90
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043522132

作品紹介・あらすじ

伊奈川カタルはごく普通の高校生。イジメにも関らないように生きてきた。だが、同級生の比嘉コトノハと接触してから運命が一変!カタルは夢の中でコトノハから錆域の結界が破られようとしていることを聞き、一緒に阻止してほしいと懇願される。その直後、女子高生バラバラ殺人事件が発生。そして更に巻き起こる第2、第3の事件…。錆域との関連は?少女・コトノハに隠された秘密とは?現代の闇を活写した新学園ホラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホラーファンタジー。美少女が登場するライトノベル風で、だけどしっかりとホラー。美少女コトノハのすっとぼけたキャラも魅力的。
    さまざまな異形のものが登場するファンタジックホラーだけど、真の恐怖は現実世界へリンクする点。さまざまな猟奇事件と、犯人のありていに言ってしまえば「心の闇」部分の恐怖。そこに巣食う異形のおぞましさは、圧巻。
    これはまだシリーズとして続きそうです。楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

'58年、大阪生まれ。高校時代に筒井康隆氏主宰の同人誌「ネオ・ヌル」で活躍後、'79年に「奇想天外新人賞」を別名義で受賞。'92年に『王の眠る丘』で「ハイ! ノヴェル大賞」を受賞。他に、『MOUSE』、『スイート・リトル・ベイビー』等々著作多数。また『バイオハザード』ほかノベライズも多数手がける。

「2019年 『貞子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

牧野修の作品

ツイートする
×